拉致問題未解決の日本人よ、日本よ、恥を知れ!

ブックマークレット | エキサイトブログ

拉致問題はぼくにとてつもない無力感、絶望感を与える。

自分の肉親=愛娘が絶対君主制“金”朝鮮王朝に拉致されて、自由を束縛され、名も知れぬ男と結婚させられ、子供までつくらされていると知ったら、くやしくて、くやしくて、居ても立っても居られない。

しかもその解決をしてくれない政府と、今まで薄々それと知りながら国民をだまし続けたマスコミ(=特に朝日新聞)。

他人事なのだけれども、もし自分だったらと思い、そのときの自らの力の弱さと、恐らく何も出来ないだろうという思いが、自分に無力感を与えるのだ。

それにしても横田早紀枝さんのパワーにはいつも脱帽。母は強し、日本の母は強し。日本の母の子供に対する愛情と教育と厳しさが一昔の日本人の良さを守ってきた、と思うが、どうでしょうか。

世界各国の母も当然、愛情は一杯あるのでしょうが、どこか違う。どこかが違うかというと、日本の母親の場合、子供に対する厳しさが強いと思う。ぼくも単なる知識でしか知らないが、宗教としての何かを感じる。

そして全く無関係なヨーロッパのオランダ人の女性監督が、この拉致問題の映画をとるというニュースに接すると、日本人のマスメディア界(映画も含め)の堕落を痛切に感じる。拉致問題未解決の日本人と日本への強烈なメッセージなのだ。

日本人はどうしてこんなにダメになってしまったのだろう。第二次世界大戦で敗戦国になって、本当にダメな国民になってしまったのか。

悲しいが、おそらく本当にダメになってしまったのだと思う。もう昔の日本には戻らないと思う。今の若い人を見るとそれが現実。仕方がないから、気楽にいくしかないのかもしれない。

しかし、最近のイラクを見ていると、はじめは自爆テロなんて勘弁してよ、という感じではあったが、あそこまで宗教とはいえ、自分が信じるものへの自己犠牲ができるなんて、今の日本、政治、マスコミに一番かけていることなのかもしれない。
# by ys1042734 | 2006-09-29 23:11

「亀田一家」問題で思うこと

Excite エキサイト : スポーツニュース


どうでも良いと思うのだが、どうも気になってしまう「亀田一家」問題だ。すっかりプロボクシング界のトラブルメーカーになってしまい、。先月2日の長男の世界戦での判定騒動に続き、今回は乱闘騒ぎ。

ぼくは個人的にはこの「亀田一家」は好きになれない。ボクシングにビックマウスはモハメット・アリ以降、そんなに珍しいことではないかもしれないが、アリのようなヘビー級の大男のビックマウはサマになるが、ライト級の軽量選手がビックマウスを叩いても、ミニチア・ダックスフンドが大型犬に吠えているようで、あまりかっこいいものではない。

しかもビックマウスが単なるオオグチ叩きで、試合が始まると予告どおりKOできず、八百長だか何だか知らないが、最終ラウンドまでもつれ混んで、判定ばかり続いている。

前回、この次男坊が戦った外国人のボクサーは、1回ぐらいで自ら倒れるように倒れてしまった。お金をもらえればよい、という感じだ。
しかし、こんな世界チャンピョンのタイトルマッチでもない試合に、なぜこんなに注目が集まるのかもよく判らない。なぜテレビ放送するのかも判らない。

マスメディアとしては、すでにスポーツ新聞化した民放テレビ局であるから、仕方がないといえば諦めつくが、ぜひ、スポーツ新聞よろしく西川口や蒲田のピンサロや怪しげな金融業者のコマーシャルだけはテレビ放映しないで欲しい。

「亀田一家」問題の前は、テレビ局が興した韓流ブーム、これも全く理解できないし、なぜか意図性を感じる。好きになれない。

しかし、テレビ局がその気になれば、このようなとるに足らないテーマと内容で、日本国中の小泉内閣時代の広報作戦のように、それこそIQの低い人々を、その気にさせることなど、朝飯前だ、ということが改めて判った。

このような衆愚マスコミがとてもコワい。

靖国の戦犯問題では靖国で祀っているA級戦犯は、どこか別のところに移せとか、A級戦犯はアメリカが勝手に犯罪者にしたのだから、このままでよいとか、議論が盛んであるが、だれも当時の新聞社の責任をあまり追及しない。不思議だ。

インターネットは新聞マスコミに支配されていない数少ない情報ネットなので、少しずつマスコミの責任を追及して行かなくてはならない、と思っている。
# by ys1042734 | 2006-09-29 06:59 | 雑事感想

小学校からの英語教育は反対だ

Excite エキサイト : 政治ニュース

<伊吹文科相>英語必修に慎重な考え示す [ 09月27日 21時43分 ]

 次期学習指導要領に盛り込まれる見通しの小学校5年生以上の英語必修化について、伊吹文明文部科学相は27日、「必須化する必要は全くない。まず美しい日本語が書けないのに、外国の言葉をやってもダメ」と必修化に慎重な考えを示した。文科省が実施した市民からの意見募集でも必修化に消極的な意見が約4割を占めており、今後論議を呼びそうだ。

 伊吹文科相は、英語教育よりも最低限の素養や学力を身につけさせることが先決だという認識を示した。さらに中央教育審議会が英語必修化を答申した場合について、「中教審のお考えを入れるか入れないかは、私が判断をしなければいけない」と述べた。【高山純二】


必須化する必要は全くない。まず美しい日本語が書けないのに、外国の言葉をやってもダメという考えは、全く賛成だ。日本語がしっかりできて、初めて外国語が出来る意味が出ると思う。

しかし、「美しい日本語」は少し言い過ぎで、なかなか美しい日本語は書けない。「美しい」という定義もどうなのか、すでに今の日本の「美しい」とは、「美しい日本の私」というノーベル賞授賞式での川端康成講演の「美しい」ではないような気がする。変わってきていると思う。

太平洋戦争で戦死した日本兵のポケットから出てきた日記を、何かの戦記ものの書物でいくつか読んだことがあるが、昔の日本人は、将校でない一兵卒(だいたい今で言う中卒の学歴)であっても、非常にしっかりした日本語を書いていた。余談だが、アメリカ軍は日本兵が非常に几帳面に日記をつけるので、死んだ兵士のポケットから日記を探して、いつも読んで分析していたそうだ、そうすると日本軍の動きが本当によく判ったらしい。日記と歯ブラシ、ほとんどの日本兵が肌身離さず持っていて、その学力水準と衛生管理には驚かされたという。

しかし、ぼくは最近は英語の語学力の必要性を本当に切実に感じている。グローバルビジネスはすでに英語が実質的に公用語になっている。そのの国のドメステックな仕事でなく、グローバルなビジネスの場合、ヨーロッパでも東南アジアでも、中国でも、インドでも、当然アメリカでも、英語は必須で、日本人の英語の能力の低さは、大変なハンディになっていると思う。

しかし、小学生からやれば出来るようになる、というものでもない。中学校から高校まで6年間も英語を勉強して、英語を話すことはもちろん、読むことも、書くこともできない日本人がほとんどであるのだから、2~3年スタートを早めても同じことだ。やはり英語教育のシステムが悪いのだと思う。

じゃ、どういうシステムかといえば、教師の人材に問題ありだが、例えば、すくなくても、中学1年生からの英語の授業は、一切日本語を使わず全部英語でやるとか・・・。なにか、思い切った改革が必要だと思う。
# by ys1042734 | 2006-09-28 10:13 | 雑事感想

友人の死

Excite エキサイト : 芸能ニュース

今日、告別式に出かけた。死因はガン。
新入社員のころからの同期で、3~4ヶ月まえに見かけたとき
随分やせたな、と思った。そして突然の訃報。
知り合いの死に合うと、どうも考えさせられる。
死がどうしてショックで、悲しいのか。
死に接したとき、その絶望感は、もうその死んだ人の精神というか、
魂というか、その人の生きている証しに接することができないという
隔絶感だと思った。この地球上では、もうこの人に合えない、
という死者からの疎外感。その何ともいえない
死者との間の壁にショックを感じ、そして悲しみを
覚えるのだと思った。
丹波哲郎が死が楽しみだと言ったらしいが、丹波哲郎ぐらい生を
満喫して、死への余裕ができるなんて、最高の生だと思った。
友人は短い人生であったので、くやしさで一杯であったと思う。
しかし、日本の医療が変わった、と思ったのは、本人は7月に退院して
から、約二ヶ月間を家族とともに自宅で過ごし、自宅でのターミナルケアとして
自宅の畳の上で亡くなったということだ。本人の希望であったとか。
以前であれば、必ず病院で死んだものだ。
高齢化社会で、高齢者が死んでいくとき、こういう形での死が多くなるの
ではないか。回復の見込みのないとき、病院で一人寂しく過ごすより、
家族一緒の方が心が休まるおt思う。

合掌。
# by ys1042734 | 2006-09-27 21:11 | 国際問題

祝“安倍内閣発足”

Excite エキサイト : 政治ニュース


安倍首相による新しい内閣が発表された。同時に竹中前総務大臣も本日、議員辞職をした。

竹中前大臣の小泉内閣での評価は、一時の集中砲火のときに比べ、最近、非常に高かった。今までは風当たりが強く、自殺説まで出たりしたが、辞任が決まった途端、マスコミを中心に惜しむような声があり、竹中前大臣はそれならもっと前に言ってくれてれば良かったのに、と思ったに違いない。

とにかく竹中前大臣の最大の功績は銀行の不良債権処理に尽きる。当時、「金融再生プログラム」が出たとき、だれしもイメージではこういうやり方しかないかな、と思っていた筈であるが、単に学者が机上で絵を描くのと、実際に実務家として実行するのとでは大違い。特に日本経済をずっとリードしてきた銀行業界と官僚機構を敵に廻すのだから、その覚悟ほどは想像に難くない。

「金融再生プログラム」をいよいよ発表するとき、さすがの竹中前大臣も「風水」に頼ったらしい。大臣付きの秘書官が「風水」に頼ったら「西方が良い」と出たので、それを竹中さんに告げると、発表の前日に一旦西方に出かけてから発表したらしい。それほどの不安と迷いがあったのだ。

それにしてもプラザ合意から拓銀や山一が倒産した時までの約10年間を翻ると、「政治家と官僚」の責任は非常に重い。二者択一の選択肢のうち、いつも裏目に出る選択肢を選んで来たからだ。

これは日本の近代上、日本を第二次世界大戦に巻き込んでいった昭和初頭の約10年間の次に位置付けられる「日本の愚策史」というべきだろう。

昭和初頭は「政治家とマスコミ(主に朝日新聞)」の責任とすれば、平成の愚策史は「マスコミ」のかわりに「官僚(大蔵省と日銀官僚)」が入れ替わった。

今回の安倍内閣組閣の目玉が元内閣府政策統括官で政策研究大学院大教授の大田弘子氏だとすれば、それはおとなしく、地味な目玉である。ある意味、一橋大卒、大阪大学教職経験という部分は、竹中前大臣との共通点はあるが、安倍首相の今後の政治を占うようなおとなしさがある。

小泉内閣のときのような「花」がない。太田弘子氏には「花」になるようにがんばって欲しいものだ。

一時、マスコミでは安倍首相による右よりの政治を不安視していたが、その心配は全くないのではないか。右寄りになるほどの強いリーダシップを安倍首相に期待したいが、むしろ安倍首相は中身が「ふゥわァ~」としているから、むしろ官僚の復権を心配すべきではないか。

戦後の日本を支えてきた権力のバリューチェーン、昭和から平成にかけての失われた15年の間日本をダメにした張本人、財務と金融官僚の復権である。本当は復権させてはいけないのだけれども、安倍首相の正念場が、ここにあるような感じがする。
# by ys1042734 | 2006-09-26 23:03 | 時事・政治

子供の増やし方

あなたの“イングリッシュネーム”、どんな名前をつけますか? | Excite エキサイト


 イングリッシュネームもいいけれど、最近、ぼくの近所ではやたらハーフと思えるかわいい子供達が多い。日本人と思える女性と、髪の毛がちょっと金髪な子供が公園なんかで遊んでいたりするが、一目でハーフと判る。頭は大きいし、目も大きい。近所の主婦たちの立ち話をたまたま聞いてしまったが、近くの小学校では学童の数が30人ちょっとぐらいのクラスで2~3人のハーフの子供がいるらしい。 東アジア人同士のハーフは識別しにくいが、白人系とのハーフ、黒人系とのハーフは判りやすい。

 今、日本で結婚するカップルの10件に1件は国際結婚だそうだ。生活上の必要性から中国の女性と結婚する日本人男性が一番多いらしいが、種の保存的には、遺伝子が離れた同士の婚姻の方が、良い子供、強い子供ができると思うので、国際結婚は生存本能かもしれない。良いことだと思う。そのうち、写真や図鑑を見て、これが純粋な日本人種、日本人の原型なんです、なんていわれることがあるかもしれない。

 以前ウォータワールドというハリウッド映画があって、他の種族と全く交流のない海洋種族の若い女性が、たまたまその国に迷い込んだケビンコスナー(の演じる映画の中の主人公)に、優秀な種を残すため、結婚を迫る場面があって、強烈な印象があった。アメリカ映画の良いところは、こういうところに意味のないリアリズムを入れることだ。御伽噺では終わらせないような工夫がある。

 鳥や動物の記録映画をみると、魚や鳥の一生は、子孫をつくり、子孫を守るための一生であって、これが何世代も何世代も飽きもせず繰り返されている。「何のために生きているのか?」「子供を作るためですヮ」「何のためにそんなに一生懸命子供に餌を運ぶの?」「自然と体が動いてしまうのですヮ」と。要するにあまり難しいことを考えずに、気楽に趣くままに生きた方が自然でよいのかもしれない。そうすれば子殺しや虐待も減る。

 少子高齢化になった今、どうして女性は子供を多く産まなくなったのか。合計特殊出生率が1.25という、天下無敵の人口縮小モードに入った我が国は、どうすれば、人口が減らない程度に子供を持つカップルが増えるのか。

 答えはひとつでないと思います。だから逆に非常に難しい問題です。飲みにいったとき、だれかが酔っ払って次のように言っていた。「婚姻以外のセックスを法律で禁止し」「避妊をしたら処罰される」という法律(ルール)を作れば、すぐに子供は増えますよ、と。そうかもしれない。そうかもしれないし、それが自然形なのかもしれない。

 フランスやドイツ、スウェーデンでは、少子化が何とか止まり出したものの、婚姻外で生まれる子供が増えたらしい。結婚しない女性が子供を出産し、その子供を社会が育てるという発想だ。日本では無理かもしれないが、出産と育児の社会化。こうでもしないと、少子化は防げないのでは・・・。
# by ys1042734 | 2006-09-25 21:42 | 雑事感想

日本級と世界級のレベルの違い

Excite エキサイト : スポーツニュース
この宮里藍の強さは一体どうなっているのだろう。

1年間のアメリカの全米女子ゴルフツアーでは最高成績で3位であったのに、日本でいきなり2連勝。日本に来て調子が上がったのか、とも考えたが、そうではないだろう。日本でもアメリカと同じ調子でゴルフをしているのだ。しかしそれで、アメリカだと3位になるのもやっとなのに(確か予選落ちも数回していた)、日本に帰った途端、連続優勝である。

 ゴルフはやはり日本とアメリカとでは技術に大きなひらきがある。コースも違う。アメリカのツアープロの試合は、実際は、スウエーデン、オーストラリア、韓国などのトッププロも多く、いつも世界大会が行われていることと同じなのだ。だから、丸山も勝てない。尾崎は日本で何勝もしていたのに、アメリカではぜんぜん勝てなかった。

言葉のハンディがあって、そのストレスによる神経的なイライラが、ナーバスなゴルフに影響を与えていたと、どこか読んだことがあるが、アメリカから来たトッププロは、日本語という言葉のハンディーがあるのに、すぐに優勝してしまう。

だから、日本人選手が弱い理由を言葉のハンディーというのは間違いだ。

アメリカで勝てないのは、単に日本選手が弱いから。アメリカはいつも世界大会で、ある意味、アメリカに負けているのではなく、世界に負けているのだから、仕方がない、と思った方が良い。

 
# by ys1042734 | 2006-09-24 19:51 | 雑事感想

性悪説の社会は良いか住みよいか

Excite エキサイト : 経済ニュース
一般的には、なぜこんなものを取り締まるのだろう、ということになるかもしれないが、今回の金融庁の対応は当然の措置。

だいたい交通違反を犯す場合、駐車違反だろうが、スピードであろうが、信号無視であろうが、本人は判っていて、故意か重過失の場合が多い。

故意か重過失を保険にするということは、モラルリスクという保険理論では最も忌避すべき現象を保険にするということになる。

したがって、これは擬似保険商品、アイデア商品で、保険というよりは積立てに近いもの。たぶん積立てだと出資法違反になるので、会員制にして、法の網の目をくぐっていたと思う。

保険の場合、公序良俗違反はしないという、根本的な倫理規定であって、社会のモラルを悪化させるようなものはダメ。

いままで何十年もこんなものが商売として成り立っていたとは、あきれる。
しかし、最近、飲酒運転の取締りが厳しくなって、本当にこのまま厳しくし続ければ、交通事故は半減してしまうのではなか、と思う。

表には出ないが、交通事故の原因のかなりの部分が、飲酒によると推測されるからだ。そのうち、運転席で呼気チェックしないとエンジンがかからない自動車が開発され、それが普通になるのかもしれない。

朝日新聞の山梨の記者が酒気帯びで警察に捕まって、事故も起こしていないのにサラリーマンとして大変な処分になると聞いた(懲戒免職?)。今の世相であれば、当然か・・・。

なぜか、最近我が国のモラルに対する姿勢が非常に厳しくなったような感じがする。いい方向ではあるのだが、なぜこうなったかは判らない。ちょっと気になる風潮でもある。なぜ厳しいのか、何のために厳しいのか・・・。

企業はアメリカのSOX法の影響で、内部統制のオンパレード。完璧な人間はいないし、完璧な企業もありえない。今の内部統制の行く末も全く不透明だ。

こんなにモラルや内部統制が厳しくなってしまうと、良いことなんだけれども、なにか気になる。強烈な監視社会への怖れか・・・。
# by ys1042734 | 2006-09-24 10:56 | 雑事感想

後藤田ジュニアにエール

Excite エキサイト : 経済ニュース
後藤田正純衆院議員のこの対応は好感がもてる。親父さんのような大物の政治家になって欲しい。若いときは正義感が一番。ずるさは年とってからで十分。

それにしれもサラ金をここまで放置してきた政治って、一体どうかしていると思う。

自殺者の一割がサラ金の生命保険の保険金支払い対象者。実態はもっといるということらしいから、サラ金業者は借りた奴が悪いのだと言い張るのは判っているが、人の死と苦しみと涙と不幸の見返りに、自分の利益を守っていくことはいつの時代でも懲らしめられるべき連中だ。

水戸黄門は勧善懲悪の普遍的ドラマだから人気があるが、サラ金問題は懲悪だけのドラマだが、政治家はどこかで水戸黄門でなければならない。後藤田ジュニアにエール。今後もがんばって欲しい。
# by ys1042734 | 2006-09-23 21:34 | 時事・政治

難波裁判官は頭がおかしい

Excite エキサイト : 社会ニュース
石原都知事の見解はある意味、当然。国旗や国歌が軍国主義を思わせるということ自体がナンセンス。

そもそも軍国主義ってなんだろう。いつどこで、だれがどう定義しているのか。少なくとも軍隊が政治の意思決定や行政権を握っていることなのだと思うのだが、中国や旧ソ連は長い間そうだとしても、日本では昭和の大政翼賛会の一時期しかそういう時期はない。将軍様が握っている北朝鮮が絵に描いたような軍国主義だ。

兎に角、この難波という裁判官は頭がおかしい。こういう人物はおそらく法律ばかりで文化的な勉強はあまりしてこなかったと思うので、文化的なテーマの裁判の裁判官は向かない。窃盗や強姦等の刑事事件を中心の裁判官ということ。

石原都知事はその右よりの発言で非難されるが、あまり、よその国の内政的なことまでは言っていない。よその国の内政を批判するときがあったとしても、それは何かの理由とか説明として述べているだけだ。

ところが、靖国の問題で、中韓は「行くな!」と言う。よその国の内政問題であり、内政干渉だ。質が違う。厚かましさが違う。

安倍さんにお願いしたいのは、「判りました」と頭を下げて、靖国に行かないことだけは、やめて欲しい。そんなことをしたら、尖閣列島や竹島の問題でも譲ることになる。
# by ys1042734 | 2006-09-23 21:13 | 時事・政治

安倍さんが自民党の総裁になって


今日からブログを書くことにする。
ブログの世界は今後大きく広がり、新しいメディアになる可能性を秘めているので、それを自分として実体験するのが、いわば、目的。

しかし、いろんなブログを見ていると、今回、安倍さんが自民党の総裁になったことについて、どちらかと言うと、否定的な意見が多い。短命だとか、もともと考えのない人だとか、バカだからと。
ブログを読んでいると感心することが多い。よくまあ、皆さん、考えがはっきりしている、と。あまり説明もなく結論だけが多い。

ぼくはそんなには考えがいつもはっきりしている訳ではない。

いつもそうだ。

世の中のことを限られた情報の中で決めつけるには、ぼくはすこし臆病すぎる。

好き嫌いはある。

最近嫌いなものは民放のテレビ番組。全部というわけではないが、ほとんど嫌いだ。

夜、仕事から家に帰ってからテレビをつけると、4チャンネルも、6チャンネルも、8チャンネルも、10チャンネルも、12チャンネルも本当につまらない。

毎日、毎日、同じような出演者が、同じような演出の中で、同じようなトークやお笑いをしている。特に吉本所属のお笑い関係のタレントは嫌いだ。馬鹿げたことでもいいと思う。しかし、何か違うのだ。

これからあんな民放は全部つぶれるのではないか、と思う。

地デジはたぶん失敗する、もう民放みたいなものはダメになる、と大前研一さんは言っているが、本当にそう思う。あまり生活の中に他の楽しみのなかった昭和40年代の巨人軍や力道山の時代ならまだしも、今の時代、お仕着せの放送では無理だと思う。

それでもニュース、スポーツはお仕着せでも良い。

しかしエンターテイメント系は選択の時代だと思う。いやなものは見ない、見たいものを見たいときに見る、そういう時代が必ず来る。

いままで、2~3年前の不祥事以降、NHKの受信料を支払ってきていなかったが、次回からNHKの受信料を払おうと思う。NHKまで民放みたいになったらいやだから、NHK受信料を支払って、少しでも存続できるように支援しようと思っている。

a0089830_1212620.jpg)
# by ys1042734 | 2006-09-23 12:04 | 時事・政治