<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

選択と集中戦略

コラム総合 - エキサイトニュース

最近の寒さは非常に厳しいので、先々週の日曜日にユニクロでヒートテックのアンダーウエアーを数枚買った。
翌日の朝、シャワーを浴びたあと早速それらを着て出勤したところ、まあまあ着心地が良かったので、更に枚数を揃えようとユニクロに行くと、値段が1000円程度のものが1500円になっていた。
店員に尋ねると週末割引で、ウイークデーは元の値段だと言うこと。早速、買うのを止めた。
この価格戦略は良くわからない。
値段さが曜日だけで1/3も違うのはなぜなのか。
合理的な理由があるのか。
それとも単に土日の客寄せなのか。
確かに平日より土日の方がよほど衣料品の販売量が増えるのはわかる。
選択と集中戦略なのか。
土日に集中的に客寄せすることで、他社店舗を干上がらせる戦術なのか。

(最近、撮った日本の写真)
a0089830_6195158.jpg
a0089830_621766.jpg
a0089830_6213348.jpg
a0089830_621573.jpg

by ys1042734 | 2011-01-31 06:18 | 雑事感想

世の中を舐めてはいけない

政治 - エキサイトニュース

一部菅首相の取り巻きは首相がダボス会議にでることで、日本の国際対応の浮上に利用しようとしたらしいが、逆効果である。

英語もできない、国際対応も不慣れでは逆にイモと見られるだけであり、厳しい外国人の目からは尊敬されることはない。

演説は日本語でよい。しかしそれ以外のランチやディナーの席で英語でコミュニケーションをとることが重要なのだ。

政治家を目指したのならば国際舞台での活躍も想像できただろうし、その際、英語が重要であると理解できた筈だ。何十年も時間が合った筈だ。安倍さんや麻生さんすら、そのくらいの準備はした。小泉さんも鳩山さんも留学経験があるとはいえ、英語はこなした。

英語が好き嫌いではなく、菅さんレベル特別の取り得のない小物の政治家(田中角栄、小沢さんぐらいの大物になれば別)にとって、絶対条件なのである。それをして来なかったことは性格というか体質というか、本人は本質的に怠慢であったということであり、そのことは経済や金融、軍事、国際政治にも言えることであるから、その姿勢を非難しているのだ。

あんまり世の中を舐めてはいけない。

(ロサンゼルス)
a0089830_8171252.jpg
a0089830_818948.jpg
a0089830_8182862.jpg
a0089830_8184553.jpg
a0089830_819280.jpg
a0089830_819227.jpg

by ys1042734 | 2011-01-30 08:13 | 雑事感想

国民共通番号制

政治 - エキサイトニュース

この国民共通番号制はもっと早く実現すべきであった。

個人情報だとかプライバシーとか言う輩がいるが、日本よりずっと個人主義で、プライバシーにうるさい国である欧米諸国はとうに導入している。番号制があったからパライバシーが守られなかったという話は聞いたことがない。

10、5、3とか9、6、4とか言われる所得捕捉率は、国民の中に不公平感をもたらして来た。税と保険料を厳しく徴収するのだから、いくら収入があるかということを把握するのは当然だった。

課税所得がいくらかを把握するのも必要だが、保険料や税金の徴収も実際は大きな問題になっている。国保や国民年金の保険料徴収率は70%前後ではないかと思う。この保険料不払いの人々も結局公的な扶助で助けられるのであるから、正直者はバカをみる、ということが正しいことになってしまう。それでは国が回らないから、強制徴収やペナルティーなどの何らかの徴収の方も工夫が必要だ。

(続いてシドニー湾)
a0089830_725179.jpg
a0089830_731459.jpg
a0089830_73338.jpg
a0089830_74443.jpg
a0089830_742589.jpg
a0089830_745918.jpg

by ys1042734 | 2011-01-29 06:57 | 雑事感想

菅首相はダボス会議

政治 - エキサイトニュース

もう菅首相はダボス会議へ出発したのだろうか。総理になって辞めるまでに、セレブリティー会議、ダボスに出たかったのであろう。この会議はG7などと違って何かの目的のある課題解決型の会議ではないらしい。大きいサロン型の会議で、有名人や政治家が集まってそれぞれに発表会やディスカッションをするらしい。用事もないのに老後の楽しみとして写真でも記録にとっておきたいのだろう。


英語のできない菅さんは通訳と一緒に会場を回るのだろう。通訳と回る人は日本の総理ぐらいのものだろう。
普通の国であれば総理になるような人は高等教育を受けているから英語ができる。

英語ができないからと言って恥じることはないが、政治家としてやるべきことをやらないのであれば、話は別だ。あの漢字が読めない麻生さんも英語はできたらしい。政治家を志すもの、英語ができなくては失格だ。

(シドニー湾)
a0089830_6252760.jpg
a0089830_625504.jpg
a0089830_627294.jpg
a0089830_6272598.jpg

by ys1042734 | 2011-01-28 06:21 | 雑事感想

TPP

政治 - エキサイトニュース

政府の動向、方針はTPPを推進するようだ。
しかしTPP自体の全貌がわからない。
アメリカの戦略もわからない。
TPPに参加するか否かの判断は、まだ難しいと思うが、
早くも賛成派と反対派で論争が始まっている。


(自宅の近所の朝焼けと、日本式庭園や天安門などの中国)
a0089830_6295671.jpg
a0089830_6301528.jpg
a0089830_6303375.jpg
a0089830_6305429.jpg
a0089830_631147.jpg

by ys1042734 | 2011-01-26 06:27 | 雑事感想

TPPは悩ましい

社会総合 - エキサイトニュース

同じような覚せい剤の密輸で、昨年3名の日本人が北京で死刑判決を言い渡され、処刑された。随分と甘い処分であり、不公平感もある。

菅首相の演説が国会であった。いつもより大声だったという評価。内容はTPP、税と社会保障、小沢問題の3点のみ。

TPPは悩ましい。農業問題や関税問題だけでなく、アメリカが参加してからは非関税障壁問題になり、郵政や金融問題になるからだ。第二の対日改善要望書だ。

アメリカの意図はまだ明確ではないが、菅首相の能力では対応不能であろう。

(まだ若かったゴールデンのナナとオーストラリアの写真)
a0089830_733762.jpg
a0089830_753175.jpg
a0089830_755428.jpg
a0089830_761781.jpg
a0089830_77648.jpg

by ys1042734 | 2011-01-25 07:00 | 雑事感想

無能な首相

政治 - エキサイトニュース

戦略と最も無縁な首相がこの菅首相であろう。市民運動家上がりであるから、街の不満の御用聞きだったのである。主婦の不満の捌け口を受けて政治的活動をしていただけなのである。

だから政治もわからないし、経済もわからないし、とても日本の国家戦略を造れるような器ではない。英語もできないのであるから、街のおじさんと同じレベルなのである。

まぁ、特許申請ぐらいはできるだろうが、いまの特許事務所では使い物にならない。英語ができないので、国際特許ができないからだ。

(ワシントン)
a0089830_8213192.jpg
a0089830_8215512.jpg
a0089830_8221385.jpg
a0089830_8224336.jpg

by ys1042734 | 2011-01-23 08:18 | 雑事感想

新聞の読者離れ

社会総合 - エキサイトニュース

新聞の読者離れは必然であろう。今はネットで必要なニュースは簡単に取れる。毎月数千円も支払って新聞を購読する意味がなくなっている。

またどこの新聞を読んでも同じ記事であることも読者離れの原因だ。ニュースに関する記者固有の意見はほとんどなく、事実を垂れ流しているだけであるから、飽きられる必然にあった。

しかしネットのニュースも、スタジオにゲストを呼んでトークショーをしているだけで、まだ事件や事故の現場で取材するというところまでは行っていない。しかもスポット的な番組で24時間のプログラムではない。アメリカの新聞社のように日本の新聞社の記者の首切りが始まったら、ネットニュースで採用して、全国の事故や事件を報道できれば、紙媒体対ネットの決着もすぐにつくに違いない。

(ロンドン塔の内部)
a0089830_7301085.jpg
a0089830_7303427.jpg
a0089830_730546.jpg
a0089830_7311395.jpg

by ys1042734 | 2011-01-22 07:28 | 雑事感想

誰の責任か

ネットコラム - エキサイトニュース

誰の責任か、と言えば1985年のプラザ合意までさかのぼるのかもしれない。企業が景気が悪くて大卒新人の採用を抑えなくてはならない、という理由は原因がひとつや二つではない。

失業やフリーターの問題ではよくアメリカの失業率が9%以上あるから日本はマシだ、という人がいるが、アメリカやイギリス、フランス、ドイツと、日本を一緒にしてはいけない。言いにくいが、かの国々の失業者は肌の色や人種や言葉が違う移民たちである場合が多いのだ。

同じ人種で同じ言葉を使い肌の色も同じの中での失業率ではない。日本のこの状態は、どこかで自分だけよければ良いという発想がある。もともとイギリス人やドイツ人やイタリヤ人やユダヤ人、ポーランド人の集まりであるアメリカの発想だ。

昨日、ある勉強会で2000万の年収の人も100億円の年収の人も所得税率が最高40%ではおかしいのではないか、もっと累進性を高めるべきだ、と発言していた人がいた。しかしすぐに反論が出て、日本の税率は高すぎると欧米の例を出して反論していた元官僚の銀行屋さんがいた。それもその国の背景を無視した発言だった。

先進国の同一民族の国家で、累進性が低い国はあまりないと思う。北欧諸国は同一民族性が高いが、所得税の累進性もきつい。一方、アメリカのような移民国家は所得税の累進性で税収を上げるのは、国内の金持ちや力の強いものにとって損だから、極力、消費税など累進性がゼロの税金を重くしたいのだ。

スタイルを変えた奴隷制度である。

日本がそのようになってはいけないと思うし、また、日本人はそうなることを望まないと思う。

(モンサンミッシェルの修道院の内部)
a0089830_615441.jpg
a0089830_6152459.jpg
a0089830_6154629.jpg

a0089830_6173229.jpg

by ys1042734 | 2011-01-21 06:03 | 雑事感想

スティーブ・ジョブ

経済総合 - エキサイトニュース

スティーブ・ジョブ氏が病気のため休養に入ったという記事も今朝の新聞であった。一時期アップルを離れていたが、復帰してipodを開発発売し、一気にポータブルオーディオNO1のソニーを抜き去ったのは、もう昔の話。

ipodにしてもiphoneにしてもipadにしても技術的には革新的なことは何もないのに、ユーザーのニーズにマッチした商品作りで世界NO3の地位を築いた。アップルの初期、マッキントッシュの技術をマイクロソフトに使用され、マイクロソフトが一躍世界のソフトメーカーにのし上がるのに対して、アップルは地盤沈下が激しかった。しかしジョブ氏は復帰後、今度は他社の技術をフル活用して、逆の手法で世界のポジションを勝ち取った。

カリスマCEOの良い所は、スピードである。ユニクロの柳井さんにも言えることだ。集団合議制(普通の企業はこれ)はカリスマが即決定できるのに数倍も数十倍も時間がかかる。日本の家電、IT産業の斜陽も原因はその辺にあるのかもしれない。

(シンガポール)
a0089830_8381349.jpg
a0089830_8382575.jpg
a0089830_8385674.jpg

by ys1042734 | 2011-01-19 08:29 | 企業・経営