<   2007年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

AARPは3300万人の会員を持つ世界最大の高齢者団体。

Excite エキサイト : 社会ニュース
心臓病など制限対象外に リハビリ、異例の見直し [ 03月14日 13時40分 ]


少子高齢化社会で医療費が高くなって、大変だから、ということです。でも、このくらいのことで驚いたり、文句を言ってはこの先が大変だと思う。もっと、もっと医療費は削られて、治療を受けられなくて死んでしまったという人が沢山出る筈であるから・・・。

ニューヨークで腕を骨折する怪我をした人が、ニューヨークの医療費が高いので、8時間我慢して車でカナダのケベックまで行き、カナダで治療したそうだ。たしかカナダはイギリスと同じで、税金で医療をしているから無料のはずだからだ。笑い話ではなく本当の話。

今日、久しぶりに、竹中平蔵さんの公演を日経ホールで聴いた。アメリカのAARPという高齢者団体のCEOが来ていて、その人のセミナーであった。竹中さんは大学教授であるから、話は、やはり上手かった。内容的にはまとまりがなく、エッ!と思うほど、よくなかった。話の上手さで誤魔化した感じだ。

AARPは3300万人の会員を持つ世界最大の高齢者団体。年金、医療、仕事、投資の4つの事業と、各種保険、薬、住宅などの割引サービスをしている。とてつもないパワーセンターで、高齢者なので投票率が64%と高く、大統領選挙の結果にも影響を与える政治団体でもある。

そのCEOも08年の大統領選挙の論点は医療とイラクだと言っていた。アメリカの医療のひどさ、すごさは何度かこのブログでも書いた。

明日も、竹中平蔵さんの公演を聞かなければならない。ある自民党の派閥のパーティーみたいなものに、参加しなくてはならないのだ。テレビによく出る有名な政治家の人たちが沢山来る。
a0089830_1843652.jpg

by ys1042734 | 2007-03-15 00:22

感覚がマヒしている

Excite エキサイト : 社会ニュース

TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」 [ 03月13日 20時49分 ]
J-CASTニュース


やはり、テレビ・マスコミの感覚がマヒしているとしか、言いようがない。悪意がなくてもウソはウソ。この程度であれば良いであろう、が段々大きく深くなっていくもの。

PCの調子はINTERNET・EXPLOREREの7バージョンに切り替えてからおかしくなった。ブログの書き込み画面が出て、書き込もうとすると、エラー画面が出て、マイクロソフトに報告しますか、しませんか、のいつもの画面が出る。MSに情報をあげる義理はないから、いつも、報告しない、と選択する。
なぜだろう。このブログはプラウザをファイヤーフォックスに換えて打っている。
ファイヤーフォックスはいまのところ大丈夫。
ずっと、ファイヤーフォックスでも良いのだが、インタネットバイキングや一定のLANとの接続ではまだ不安定なので、どうしようか・・・。
a0089830_17594194.jpg

by ys1042734 | 2007-03-14 06:37

落ちるときはおちるのだろうな~

Excite エキサイト : 社会ニュース


前共輪出ず、全日空機が胴体着陸 高知空港で、乗客らけがなし [ 03月13日 14時09分 ]
同通信


9.11でペンシルバニアで墜落した旅客機の映画「ユナイテッド93」を見た。いろいろのプロットが、今は色々取りざたされているので、事実かどうかはわからないが、リアリティある表現になっていた。
昔は飛行機に乗るとき、もしかしたら落ちるかもという不安があったが、今は馴れすぎて全くそう感じない。新幹線と同じように緊張感なく、乗ってしまう。
しかし、落ちるときはおちるのだろうな~。
a0089830_1757591.jpg

by ys1042734 | 2007-03-13 05:45

安倍さん、頭を働かせてよ

Excite エキサイト : 社会ニュース

慰安婦問題も北朝鮮の拉致問題も絶対に譲るべきでない。
これはかえって良い機会なのかもしれない。
そろそろ、日本も独立外交をすべき時期だからだ。
中韓は歴史的な問題があって、蜜月的な関係は難しいが、米国とも一定の距離を置くべきだ。
政府の外交力の見せ所だ。こういう難しい局面を乗り切るのが外交力の出来不出来のメルクマール。
ぼくが首相であれば、とにかく中韓以外のアジアの国々を見方に付けるね。ベトナム、タイ、インド、マレーシア、インドネシアなど、慰安婦も問題も日本の言っていることが正しいと判っているから、援護してくれる筈だ。どうも、日本の政治家は中韓以外のアジアを大事にして、味方につけるという知恵がないのだね。中韓はアジアも含めて世界で嫌われているから、日本の味方のはずだ。
前も書いたが、お金を3兆円ぐらい使わなくてはダメだ。
安倍さん、頭を働かせてよ。

a0089830_650527.jpg

by ys1042734 | 2007-03-12 05:42

言わないで欲しかった、ということが・・・



Excite エキサイト : 社会ニュース

<立ち食いそば店>ネズミ入りカレーで18食 新小岩駅 [ 03月13日 23時09分 ]

 日本レストランエンタプライズ(本社・東京都港区、荻野洋社長)は13日、同社がJR新小岩駅(葛飾区)内で営業する立ち食いそば店「あじさい茶屋新小岩店」で、ネズミが入った鍋で煮たカレールーを使ったそばやうどんなど18食を客に提供していたと発表した。今のところ、体調不良などを訴える客はいないという。

 同社によると、問題のカレールーが使われていたのは13日午前6時15分から同8時半までに販売した、カレーそば・うどん4食▽カレーライス7食▽カレーセット2食など。同8時半ごろに店長が鍋にルーを足してかき混ぜる際、お玉に約8センチのネズミの死がいが引っかかり、「ネズミ混入」が分かったという。


ネズミ入りですか?
かなり前に、手首入りラーメンというのがあったと思うが・・・。
こういう風に、店側が何でも正直に公表してくれるのは良いことなのだが、知りたくなかったということもあると思う。言わないで欲しかった、ということが・・・。

ここ数日、PCの調子が悪く、ブログを更新できない。
仕方なく、モバイル用のレッツノートで更新している。

a0089830_6453556.jpg

by ys1042734 | 2007-03-11 05:18

河野さんに責任をとってもらい

Excite エキサイト : 政治ニュース

<従軍慰安婦問題>首相発言で波紋 背景に選挙区事情も [ 03月10日 19時43分 ]

 【ワシントン及川正也】従軍慰安婦問題をめぐる安倍晋三首相の「(旧日本軍による)強制性を裏付けるものはなかった」との発言が、米国内で波紋を広げている。ニューヨーク・タイムズなどリベラル紙が相次いで批判する社説を掲載し、超党派の下院議員が3月中の採択を目指す元慰安婦への謝罪要求決議案に追い風との見方も出ている。

■過去4回は廃案

 同決議案は、日本政府に「旧日本軍が若い女性を強制的に性奴隷化したことを明確な方法で公式に認めて謝罪し、歴史的責任を受け入れるべきだ」と求めている。2月には元慰安婦らへの公聴会も開かれた。これに対し、加藤良三駐米大使は議会への書簡で「日本政府は公式に責任を認め、謝罪している」としたうえで「客観的事実に反する」と反論し、決議案採択の回避を求めている。



どうも、日本政府の対応はこの加藤大使もふくめ、安倍首相が河野談話を認めてしまったようにチグハグである。河野談話では、公娼になった人たちは本人が希望したのではなく、貧困とかの色々な事情で、実質、民間業者による圧力の下、強制的に公娼にならざるを得なかった、という意味で“強制”を認め、それについて遺憾だった、としているとのことであるが、そんな叙情的なことについて、そもそも政府がどうのこうのと見解を述べるべきではなかった。
そういう曖昧な、ご都合主義の態度だから、朝鮮や中国に、また一部のアジア系米国人に甘く見られる。
安倍さんも答弁で河野談話を踏襲すると言わずに、否認すべきであった。野党から追及されても、違うものは違うし、誤解を受け易いものは早めに修正しておくべきであった。
今からでも良いから、河野さんに責任をとってもらい、本来いうべきことを言ってもらうしかない(河野さんは悪くなく、立場として談話しただけというかもしれないが、大志も何もない企業ですら、不祥事の責任はそのテーマの責任者が無過失でもいつも負う・・・。)。


a0089830_1111107.jpg

by YS1042734 | 2007-03-10 23:50

戦前であれば戦争になっていたと思う

Excite エキサイト : 社会ニュース<拉致問題>政府の啓発CM、15日から全国民放放映 [ 03月09日 18時59分 ]

 政府の拉致問題対策本部は9日、拉致問題の啓発を目的にしたテレビコマーシャル(CM)を初めて制作、報道陣に公開した。「すべての拉致被害者を日本は必ず取り戻す」とのメッセージを訴える内容で、15~31日に全国114の民放地上波放送局で計1399本放映する。制作費500万円、放映料は計1億円。


最近は評価できない安倍内閣も、この件だけは評価できる。北朝鮮との交渉でも絶対に譲るべきではない。国民を誘拐されて奴隷のように使われて、黙っていては主権がなくなる、というものです。すくなくとも戦前であれば戦争になっていたと思う。それほどの大事件。
a0089830_21255144.jpg

by ys1042734 | 2007-03-09 21:25

子どもを持つということが結婚と結びついている限り、この少子化現象は止めることができないのではないか。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

仕事で使うぼくの書いた書評を載せて、未婚の母のゴクミさんを応援。


「人口減少時代の社会保障改革」小塩隆士著 日本経済新聞社


 一般に社会保障ものの書籍の場合、どうしても社会保障制度を説明する解説書になってしまうことが多いが、本書は我が国の社会保障制度およびその改革について、著者の自論を積極的に展開している。年金制度改革に比べ、医療保険制度や介護保険制度に関する評論の分量が薄かったのは、本書の発刊が2005年9月であり、そのころ介護保険法の改革は2006年施行に向けて準備中であったであろうし、医療保険法の改革については後期高齢者医療制度案が案として浮かび上がっていただけであり、時期的に見て仕方がない。

 本書は、年金、医療、介護、という編成であるが、社会保障制度ではない少子化問題や格差問題にも深く言及しており、単なる社会保障制度読本には終わっていない。今日的な課題に対する評論が非常に興味深かった。
年金、医療、介護の制度問題は、根本に少子化問題がある。したがって、この少子化問題を論じることによって本書はスタートし、現内閣が実施しようとしている少子化対策である出産対策や育児支援では効果が上がらない、とする。データから結婚したカップル間での子供の数は、昔も今もあまり変化していないので、少子化の原因は晩婚化であり、未婚化であるという。その対策の特効薬は若者を早く結婚させることだと主張する。同感である。
 しかし、若者を早く結婚させることは、非常に難しい対策だ。男女の結婚平均年齢は毎年伸びており、厚労省の統計では、2005年の現在、男子で29.8歳、女子で28歳である。1950年に比べ男子で約4歳、女子で約5歳伸びている。結婚に関しては、若い独身の女性にとって、長期休暇、退職、未就学児への保育など制約条件の多い出産・育児と違って、社会的な障害は少なくなっているはずであるから、非常に自然な形で、未婚の男女の自由な選択の結果、婚姻年齢が伸びている。だから対策は難しい。若者を早く結婚させる対策を打つべきだと著者は言うが、対策に具体性がない。晩婚化は先進国共通の世界的な傾向であり、国が豊かになり、男女ともに高学歴になり、女性の就業率が上がると避けられない現象である。しかし、既婚者の女性の就業率の高いスウェーデンやカナダの方が、既婚女性の就業率の低いイタリアなどの国々より出産率が高いという、非常に興味ある統計も紹介している。少なくとも女性の就業率と出産率との相関関係はなさそうなのだ。
 国が豊かになり、男女ともに高学歴になり、女性の就業率が上がると晩婚化になり、晩婚化が少子化の原因だとすると、結婚という形態自体に問題が生じているのかもしれない。現代の社会、文化、法律は一夫一婦制の婚姻制度の下で子供を持つという家庭モデルを前提にしており、男は外で仕事をし、女は家で家庭を守り子育てするという暗黙の了解の下で築かれている。しかし離婚率がこれだけ増えている状況では、結婚観や結婚の意味合いが変化してしまっていて、すでに制度疲労しているのではないか。この家庭制度が少子化の原因だと言えないか。子どもを持つということが結婚と結びついている限り、この少子化現象は止めることができないのではないか。
 本書の終章で、少子化対策より少子化に合わせた社会保障制度にすべきことや、今後の社会保障制度は少子化の現役世代の体力に合わせた制度にすべきであることが著者の言いたかったことだと述べ、最後に、「医療と介護の編で社会的に救済すべき高齢者を限定的にかつ集中的に救済するとともに、今後予想される高齢者層内部における所得格差の拡大傾向を阻止すべきである。」としている。著者が最も主張したかったところが、この高齢者層における所得格差の問題であったのだと思う。
今の社会保障制度はどうしても年齢別になっており、所得により多少の保障格差を与えているが、救済の不要な高額所得の高齢者も介護保険や年金の対象になり、本当に救済の必要な所得の低い高齢者層への手当てが薄くなってしまっている。介護保険は租税方式か保険方式かの論議があったが、一定の所得や資産のない高齢者には租税方式の給付である措置を復活すべきではないか。団塊の世代の高齢化が進むと、今まで以上に所得の格差のある高齢者が生まれてくる。
 一般的に、この社会保障制度ものは、どうしても教科書的になってしまい、読み手としての面白みに欠ける場合が多いが、この本は読み物としても充分堪えられる内容になっている。
a0089830_4542880.jpg

by ys1042734 | 2007-03-09 04:51

また日米戦争が起きてしまう

Excite エキサイト : 国際ニュース
天皇陛下は謝罪を 従軍慰安婦問題で米紙 [ 03月08日 12時06分 ]
共同通信

 【ロサンゼルス7日共同】従軍慰安婦問題に関する安倍首相の発言について、米有力紙ロサンゼルス・タイムズは7日、「天皇陛下は自分の家族(昭和天皇)の名において行われた犯罪に対し一歩進んだ謝罪ができる」とする社説を掲載した。社説は、謝罪を求める米下院外交委員会の決議があっても謝罪しないと述べた安倍首相について、中国、韓国との関係改善を目指し就任したのに関係を台無しにした、と批判。


南京の問題も、この慰安婦の問題も日本政府は全精力をあげて、調査すべきだ。黙っているのが一番ダメだ。まず国民に真実を調べて、教えること。その後でいくらお金がかかっても(りそな国有化の2兆円ぐらいは覚悟すべき)、全世界にその真実をPRすること。
そうしないと、また日米戦争が起きてしまうかもしれない。

今日は岡山への日帰りの出張。新幹線と飛行機の、どちらにしようか迷ったが、結局、飛行機で往復。飛行機の方が楽かもしれない・・・。
写真は岡山城のお堀の白鳥(?)。
a0089830_23464291.jpg

by ys1042734 | 2007-03-08 23:45

まともな選挙も行われない国

Excite エキサイト : 国際ニュース
<人権報告書>中国、北朝鮮の弾圧や独裁を指摘 米国務省 [ 03月07日 11時29分 ]

 【ワシントン大治朋子】米国務省は6日、世界各国・地域の人権状況をまとめた06年版人権報告書を発表した。報告書は中国政府によるインターネットの管理について「規制の強化が一層進んでいる」と指摘。06年末時点で記者31人、インターネット・サイトの編集者52人が拘置されていると報告し、報道や表現の自由への弾圧を強くけん制した。北朝鮮については改めて日本の拉致問題に触れるとともに「世界で最も孤立した国で、金正日(キムジョンイル)総書記の完全な独裁下にある」と指摘した。
報告書によると、中国のインターネット利用者は急増し、06年時点で1億4000万人にのぼる。政府はインターネットの利用を奨励する一方で、数万人もの技術者を雇い「台湾やチベット自治区など、特定の政治的な問題を取り上げるサイトへの接続規制を一段と強めている」という。

 また、北朝鮮を脱出して中国に入国する北朝鮮住民の数は05年に減少して以来「横ばい」だが、貧困のため北朝鮮の住民が娘を中国に売り渡し「囚人や売春婦のような生活を強いられている」と報告している。

 このほか北朝鮮はポーランド、モンゴル、ロシア、リビア、サウジアラビアなどに労働者を派遣。チェコでは約400人の北朝鮮出身の女性が衣料や皮革産業で働いている。労働者の給料の大半は「北朝鮮当局に支払われている」といい、労働者は北朝鮮の監視を受け生活圏外への移動の自由もないと非難した。


この米国の06年版人権報告書が本当だとすると、やはり北朝鮮や中国は怖い国だと思う。
こういう状態の反動も怖い。
あまり民衆を押さえ込むと、現体制の最後が無残になることは歴史が明らかにしている。
中国も経済は資本主義になってきているが、政治が一党独裁で、まともな選挙も行われない国だ、ということを強く再認識すべきだ。どうも、日本や韓国やアメリカのように普通の選挙が行われている民主主義の国のような錯覚が起きてしまう。マスコミも北朝鮮ばかりでなく中国の矛盾をもっと報道すべきだ。
a0089830_19335247.jpg

by ys1042734 | 2007-03-07 19:27