<   2006年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ユーミンの名曲「ひこうき雲」を思い出す

Excite エキサイト : 社会ニュース


岐阜中の2年生女子の自殺などの話を聞くと、ぼくは、ユーミンの名曲「ひこうき雲」を思い出す。
35年ぐらい前、吉田たくろうがどこから見つけてきて、泉谷しげると2人でこれを聴いて、これには敵わないとつくづく思った、という曲だ。
その話を泉谷しげるの深夜放送か何かで聞いたことがある。
ユーミンの卓越した才能が出ている曲で、まだ17歳か18歳の荒井由美時代の作品だ。非常に叙事的で若い女の子の、多分、ビルからの飛び降り自殺を表現したと思われる曲だ。
そのころユーミンの身近なところで似たような自殺があって、その事件をモチーフにその曲が出来たらしい。
無表情で、無感情で、乾いた愛情とさっぱりした執着をサラリと表現するユーミンの代表作。
この曲の詩の中でも、女の子の自殺の原因は誰もわからない、ただその女の子は自殺することを決めてしまっている、誰も止めることはできない、というような内容。
この年頃の女の子の不思議さを、ほぼ同じ世代の女の子であるユーミンが書いたもので、はじめてこの曲を聞いたときの、当時の鮮明な印象が今でも残っている。

小学校や中学校、高校の前半までの子どもの自殺は、ぼくはあまり重要でも深刻でもない理由で、何かのきっかけで、出会頭的に自殺するのではないか、と思っている。
もちろん全部ではない。
深刻な理由による場合もあるだろう。しかし、社会とのつながりがあまりなく、配偶者も、子どもも、恋人も、愛人もいないのだから、責任とか義務とか自分を抑制するシガラミがないので、ちょっとした原因で、自殺になってしまう場合があるのではないか、と思っているのだ。
しかもあまり“死”の本当の意味を理解できなくて、空想とか、自己陶酔とか、そういった子ども特有の白昼夢の世界に入ってしまった結果、事故的な自殺になってしまっているケースも多いと思う。
自殺した子どもの霊を呼ぶテレビの番組があって、その子どもの霊がいわく「遊びのつもりで首をつったら、外せなくて本当に首つっちゃった。」というようなことを霊媒が両親に言っていた。
そのときその両親は心からその言葉に納得して、霊を呼んでよかったと涙ぐんで話していた。霊の存在の真偽は別として、納得性のある話であった・・・。

子どもの自殺は昔からある程度あった。自殺なんかない方が生き残っている人にとっては良いに決まっている。
いじめ自体を無くすということは、学校でも、職場でも、地域社会でも、いじめ自体の原因が人間の本能に根差しているような感じがするので、難しいかもしれないが、今回の福岡や岐阜で続いた子どもの自殺を契機に、学校内のいじめ、少なくとも先生の加担したいじめなどはなくしたいものだ。安倍さんも教育再生をすると言っているし・・・。
by ys1042734 | 2006-10-31 06:04 | 映画・芸能

日本のIT産業、若手事業家の怪しさ

Excite エキサイト : 社会ニュース

ソフトバンクの“切り替え”申請で顧客情報を管理するシステムの処理能力を超えたため、停止したとソフトバンクが発表したので、てっきりソフトバンクへの切り替えが多くてパンクしたと思っていたら、ソフトバンクからの切り替えも多くて、パンク(一1部ブログではストップさせた?)したらしい。
0円で安いということであるが、実際は安くなくて、0円というのは客寄せパンダだそうだ。あまり自分で確かめた訳ではないので、あくまで他のブログを読んでのこと。
このブログでの何度か書いているが、ソフトバンクはかなり焦っていると思う。孫という人も、いろんなことに手を出して、いままで何にも成功していない。今回のケイタイも同じではないか。正業で集めた資金ではないから、気楽に、いろんな手を使い、ビジネス界を混乱させて、愉しんでいるようにも見える。ソフトバンクの中で一番まともな仕事をしていた北尾氏にも逃げられてしまうし、もう、SBIの方が企業評価が高いのではないか。
孫という人はよく判らないが、中古のゲーム機を再生さえて輸出でもうけた人らしいから、ニッチの人だ。ブロードバンドの無理な商売とか、今回のケイタイとか、ビックビジネスにはやはり向いていないのではないか、と思う。ニッチの人なのに、かつても投資・金融に手を出したものの失敗し、結局、野村からきた北尾氏が成功させた。どうも事業家としての能力に疑問がある。

日本のIT事業家は、アメリカのグーグルやユーチューブ、かつてはマイクロソフトやアップルコンピュタの若手事業家と何かが違う。アメリカのIT事業家は自らがIT技術者としても卓抜な能力と実績を持っているが、日本の場合は技術的なことはあまり知らない中小企業のオヤジの若者版である、という気がしてならない。孫さんという人も、ホリエモンも、宇野さんという人も、技術が出発点でないところが、アメリカのIT事業家と違うところだ。アメリカはハーバードやスタンフォードという超一流大学のIT天才たちが事業を始めているのだ。それが日本の場合は、技術的な革新性はほとんどなく、話題づくりだとか、発表のし方だとか、M&Aとか、資金のかけ方だとか、ホリエモンは女性問題とか、IT事業と関係のないところでの話題で有名になり、株価を上げ、資金を集めていたということだ。ミクシィもアメリカのコピーをいち早く輸入しただけであり、技術的な革新性を持ているわけではない。
二番煎じなのだ。
まがい物のIT社長たち。
ソニーが元気であったころ、トランジスタやウォークマンなど世界を席巻する技術の優位性があったのに・・・。




<ソフトバンク>携帯加入を再停止 申請殺到し、対応できず [ 10月29日 21時12分 ]

 ソフトバンクモバイルは29日、いったんは再開した携帯電話の加入契約業務を再度停止した。携帯会社を変えても同じ電話番号が使える「番号継続(ポータビリティー)制度」の利用や割安な料金プランへの変更などの申請が殺到し、システムが対応できなかった。番号継続制度が始まって最初の週末となった28日に続いて2日連続でトラブルを起こしたことで、顧客などから反発が強まりそうだ。

 ソフトバンクは28日にも、申請が顧客情報を管理するシステムの処理能力を超えたため、午後5時45分から契約業務を全面的に停止していた。29日は朝から業務を再開したが、この日も申請が多かったため、正午過ぎから番号継続制度による契約手続きを再び停止。ソフトバンクから他社への変更と、他社からソフトバンクへの変更がともにできなくなった。ただ、新規加入と解約などは対応した。

 ソフトバンクは同制度導入を顧客獲得の好機ととらえて、自社加入者同士での通話やメールが原則無料になる新料金プランを26日に導入した。しかしこのプランで顧客を引きつけたが、システム対応は追いつかず、準備不足を露呈した。同社は「システムの能力増強を急いで、番号継続制度に基づく契約業務を早急に再開したい」と説明している。30日の業務については、同日朝に再開するかどうか決める。

 ソフトバンクの契約業務の停止について、NTTドコモとKDDI(au)は29日、システムの早期回復と再発防止を連名で申し入れた。「ソフトバンクは事前の試験で処理能力に問題ないと説明していた。再度のトラブルの発生で、顧客がソフトバンクから自社へ乗り換えることができなくなり不利益を受けている」と話している。【工藤昭久】

by ys1042734 | 2006-10-30 04:47 | 企業・経営

安藤美姫、浅田真央、二人とも頑張れ!

Excite エキサイト : スポーツニュース


今回のスケートは世界グランプリであるのに、一位の安藤美姫選手を含め、上位に日本女子が3人も入るという、国内戦なみの日本人同士の戦いになった。
以前もブログに書いたが、日本人という人種は、スポーツ界では男子より女子の方が絶対に世界レベルの種目が多いと思う。しかも美しさというか可愛らしさというか、そういった点でも、全く外国の選手に負けていず、日本人選手が活躍するということは嬉しいものだ。それにしても今の男子のスポーツで世界レベルのものって何? 野球? 柔道? ・・・なぜかない。サッカーにしてもワールドカップに出るのがやっとだし、ゴルフでも丸山は全く勝てなくなった。相撲はほとんど外国人力士は制覇されているし、どうも日本人の男子は、スポーツ界では世界レベルの外人選手に比べ、大分、体力的にも能力的にも、すべての点で劣っているようだ。



安藤が初優勝、浅田真3位 スケートアメリカ [ 10月29日 11時31分 ]
共同通信


 【ハートフォード(米コネティカット州)28日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカ最終日は28日、当地のシビックセンターで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位のトリノ五輪代表、安藤美姫(トヨタ自動車)がほぼノーミスの演技でフリー1位と逆転し、歴代3位の合計192・59点でGP初優勝を飾った。
 SP首位で昨季のGPファイナル覇者、浅田真央(愛知・中京大中京高)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを失敗し、フリー4位の合計171・23点で3位に終わった。昨季の世界女王、キミー・マイズナー(米国)が177・78点で2位。浅田舞(愛知・東海学園高)は6位だった。

by ys1042734 | 2006-10-29 19:56 | スポーツ

経営者の違いが企業の業績をダメにも良くにもする

Excite エキサイト : コンピュータニュース

松下とソニー、因縁の家電メーカーだが、松下に軍配が上がっている。ソニーの凋落はどうしてなのだろうか。今回のリチウムイオン電池の問題はソニーの技術的問題とかいうことではなく、ソニーの企業体質に由来しているのでないだろうか。数年前にあった雪印と同じで、官僚主義、隠蔽体質で、自ら墓穴を掘ってしまった。電池から火が吹くという事実は数年前からあったはずである。早期に対策していれば、こんなに大きな問題にはならなかったかもしれない。
この2つの企業に言えることは経営者の違いである。経営者の質の違いがこれほどの企業の業績の差を生むということである。従業員とか幹部職員とかはあまり関係ない。命令で動く人たちだからだ。経営トップの力の差で、企業の優劣が3年から5年の間で決まる。企業の文化というか体質も経営トップの体質は反映して創られる。ソニーの今回の問題は氷山の一角であり、他にいろいろな問題が山積している筈だ。金融業とか映画とか他の事業に色気を出さずに本業にもっと専念すべきであった。結果論の話であるが・・・。


<松下電器>売上高、2年ぶり過去最高を更新 中間決算 [ 10月27日 20時35分 ]

 松下電器産業が27日発表した06年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比3.1%増の4兆3894億円となり、中間期としては2年ぶりに過去最高を更新した。本業のもうけを示す営業利益は同21.2%増の2073億円で、15年ぶりに2000億円台の高水準となった。プラズマテレビやデジタルカメラなどのデジタル家電や、エアコンなどが好調だったためで、最終(当期)利益は同78.7%増の1151億円だった。【遠藤和行】

<ソニー>製電池搭載の富士通パソコンから火花1人がやけど [ 10月28日 09時52分 ]
 [東京 27日 ロイター] 富士通<6702>は27日、ソニー<6758>製リチウムイオン電池を搭載した同社のノートパソコンから火花が出る事故が1件、国内で発生したと発表した。パソコンの使用者が軽いやけどを負ったという。問題の電池は、ソニーによる自主回収・交換プログラムの対象に該当するものだという。
 事故は24日夜発生。富士通によると、両社が共同で調査した結果、火花が出たのは電池そのものに起因する問題であると、両社が認識しているという。事故の詳しい原因は究明中だとしている。
 富士通は現在、33万8000個の電池の回収を行っているが、同社のパソコンで今回のような事故が起きるのは初めて。これまで過熱などソニー製電池を搭載したパソコンで事故が起きたのは、米デル、米アップルコンピュータ、中国レノボ<0992>の海外メーカーに限られていた。 
 ソニーは、国内外で電池の自主回収を進めると9月末に発表。その後、対象数は約960万個に上ることが判明。ソニーは対策費として512億円の引当金を2006年度第2・四半期で計上した。

by ys1042734 | 2006-10-28 17:49

夫婦間セックスが減っているのは世界的傾向

本当はあまりセックスをしていない英国人 | Excite エキサイト


ときどき仕事で海外に行くぐらいで、外国に住んだことがないのであくまで思いつきだが、ことセックスに関しては日本が一番自由で進んでいると思う。以前、イギリスの会社と仕事をしているとき、イギリスのビジネスマンが日本への出張を非常に楽しみにしていて、その理由をそれとなく聞くと、日本を代表とするアジアの国は夜が非常に楽しいのだそうだ。お金を少し出せばいくらでも夜の娯楽が楽しめる。
ぼくの知っているロンドンやパリでは、街娼みたいなのがうろうろしている地域はあっても、なんとなく病気やその他の危険がありそうな雰囲気で、とてもそういう遊びをする気にはなれないのだと思う。
これは水商売や風俗営業ばかりでなく、素人の世界でも、日本の女性は先進国の中で一番開放的で、フリーセックスだと思う。夜中の12時ごろまで、歌舞伎町や六本木の夜の街は若い女性で溢れているし、ニューヨークやロンドンでは考えられないこと。統計数字でなく、あくまで感覚論だが、女性の平均的な男性経験の数は日本の女性が一番多いと思う。開放性・無宗教という文化的背景をベースに、男女関係の情報と出会うチャンスは日本が圧倒的に多いのではないか。
日本はフリーセックスが一番進んでいる国だということは、結果的に日本の少子化に関係があると思う。勿論、女性の高学歴や社会進出、住宅事情や子どもの教育費の問題など、直接的な子どもを持ちたくない、持てない理由はあるにしても、少子化の一番の原因は結婚しないことだ。どんどん晩婚化が進み、非婚化も進む。そうすれば子どもは持てなくなるのは当然だ。なぜ晩婚化や非婚化が進むかといえば、結婚しないセックスが氾濫していて、結婚しなくても人生をエンジョイできてしまうからだ。結婚しないセックスは子どもを作らない。だから少子化が進む。前から少子化をストップさせる方法は、結婚しないセックスの全体量を極端に減らし、結婚している同士のセックスの全体量を極端に増やすしかない、と思っていた。こういう統計の国際比較は見たことがないが、結婚している夫婦間セックスの量は日本が最低ランクではないか。
日本では、早く結婚して、夫婦間のセックスに一生懸命、励もうではないか。(溜め息)
by ys1042734 | 2006-10-27 23:35

キムタクさん、アメリカはやめた方が良い。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

キムタクにハリウッドからラブコール [ 10月21日 10時29分 ]
日刊スポーツ


 木村拓哉(33)が20日、東京・六本木で行われた主演映画「武士の一分(いちぶん)」(山田洋次監督、12月1日公開)の東京国際映画祭の前夜祭上映会と開幕イベントに出席した。各国映画関係者が集まったセレモニーには、ロサンゼルス市長のアントニオ・ビヤライゴサ氏も来場。「木村拓哉さんにはぜひ次の映画はロサンゼルスで撮影してほしい」とラブコールを受けた。木村は「そういうタイミングがあればぜひお伺いしたいですね」。
 同映画はすでに「Love and Honor」のタイトルで米国公開に向けたセールスを開始。公開が実現すれば、木村の演技も注目される。日本のトップ俳優として周囲はハリウッド進出に期待を寄せるが、「足元がふらついていたら何もできないですから。ものを作るって本当に面白いなと実感してます」と動じる様子はなく、目の前の仕事だけを見詰めていた。

アメリカ進出はやめた方が良い。アメリカの映画界はそんなに甘いものではない。工藤夕貴が言っていたが、工藤夕貴ほど英語ができるのに、ハリウッドのオーディションには全部落ちたとのこと。大リーガー野球の場合、言葉は関係ないが、俳優は言葉が非常に重要だ。兎に角、韓国系の女性の、体ごとぶつかるような演技とネイティブ英語にはかなわなかったらしい。キムタクは日本人にはもてるがアメリカ人にはどうか。アメリカの男優ではあんまり美形がいないような感じがする。香港とは言わないが、中国や韓国だと受けるような感じがするが・・・。
まぁ、チャレンジして勉強してくるのも一案だけど。
by ys1042734 | 2006-10-26 20:40

チベット少年僧侶の中国兵射殺事件、日本のマスコミはルーマニアのマスコミにも劣る

Sankei Web > 国際 > 中国の人権蹂躙映像が世界へ 亡命少年僧ら射殺(10/22 02:18)

中国の人権蹂躙映像が世界へ 亡命少年僧ら射殺

 
数日前からルーマニアの登山家が撮影した映像がルーマニアの民放テレビに流れ、それがユーチューブで全世界にながされ、先進国では日本以外は大きな問題になっている。ぼくもこの映像はいくつかのブログに張り付いていたのでみたが、数十人で雪山を登る人々の先頭を行く人が突然倒れ、次に山の上から銃を構える人(狙撃兵?)が映り、次の銃声で、雪の中を行く行列の最後尾の人が、また、バタリと倒れる映像であった。そのあと、登山家と思しき人物の映像が映り、インタビュー形式で、チベットの僧侶が犬のように、必要もなく中国兵に撃たれた、と話していた。また、登山家たちが助けた僧侶に食料や衣服をやる場面も映っていた。チベットの僧侶たちはダライダマのいるところへの巡礼の途中で、最初に打たれた僧侶が17歳、最後に打たれた僧侶が13歳だとのこと。先頭と最後尾を撃つのはゲリラがよくやる待ち伏せ戦法で、それで行列が大混乱するのを狙っているとのこと。まぁ、これが今の世の中の現実である。これが中国兵士でなくアメリカの兵士だったら、日本ではマスコミは大騒ぎする。チベットはもともと中国の領土ではないのに、強制的に吸収合併し、このような虐殺が今も続いている。しかも仏教の少年僧侶を、だ。もし日本人がユダヤ人やアングロサクソン人やアラブ人のように宗教について特別の尊敬の念があれば、同じ宗教を敬う民族として、厳しい抗議を中国に対してあげいただろう。こういう社会の現実を国民に伝えて、世の中の虐げられている人々を少しでも救おうと、力を発揮するのがマスコミの仕事のはず。大阪の吉本興行の、いつも同じ顔ぶれのお笑い芸人の、見る意味もない番組を垂れ流すばかりが脳ではないだろう。日本のマスコミはルーマニアのマスコミにも劣る。
by ys1042734 | 2006-10-26 20:09

単なるリストラはゴーンさんでも出来る

Excite エキサイト : 経済ニュース


最初からゴーンさんの顔は嫌いだった。
鷲みたいな鼻と眼、とても普通に遭遇して、好きになる顔ではない。
外見で判断するのはよろしくないと、わかっているが、好きになれない顔。
リバイバルプランで日産を再生させた人として一躍マスコミの寵児になったが、実際は来日して3から4年目ぐらいまでで、ここ3~4年は日産の売上げは下降の一途。ゴール社長は単なるコストカッター、リストラ屋だということが判明。
とにかく、下請け企業は絞りに絞り、揚句の果て、日産の結束力を失わせた。自分の周りの経営陣は、コミットメントという目標設定に至らなかった場合責任をとらせるために首にして、一巡すると結果的に国内の販売や製造の判る経営陣は誰もいなくなり、国内の仕事が判らない海外勤務経験者に経営陣を切り替えてしまった。日本語が理解できないため、英語使いを周りに集め、自分の居心地のよさを求め、伝統的日産のよさまでリストラしてしまった。ゴーン社長になってから、コストカットだけで一見成績は伸ばしたが、新車がほとんど開発されず、販売店対策も新たな施策を打ち出せず、ジリ貧になってしまった。
GMとの合併話も、ダメと分かっているのに売名行為で交渉していただけだ。天下のGMのワーグナー会長は最初からルノー・日産との合併について、拒絶に近いことを表明していた。ゴーンさんとしてはGMとの合併話がうまく行けば、支配した日産の業績がガタガタなのと、ルノーも販売不振で苦しい状況に陥っているのも、合併でうまくゴマカして当面切り抜けられるかもしれない、と考えたのだと思う。
来日した3年間ぐらいのゴーンの評価はあるにしても、ここ3~4年は評価すべきではなかった。それなのにマスコミは一度あがった名声を信じ、ゴーン日産の中身を自分で分析しようとせず、世間にある既存のムード・評判に乗っかってしまった。この現象はソニーやソフトバンクなどのIT企業に対する大マスコミの評価の高さにも共通していて、ぼくは大マスコミの無反省症候群と呼ぶ。どう評価して記事にするか、でなくどう書けば大衆に受けるか、を重視する大手マスコミの病癖のことだ。
朝日新聞が戦前、大東亜戦争の片棒を担ぎ、戦争への動きを鼓舞する記事をやたら書くことで、大衆をして戦争突入を盛り上げ、戦後の左翼運動(この左翼とか右翼とかいう言葉は好きではないが・・・)を鼓舞して、60年安保、更に70年代の極左テロリズムを生ませたのも、みんなこの、どう書けば大衆に受けるか、を重視する大手マスコミの病癖。要するにレベルが低いのである。
どうも最後は朝日新聞批判になってしまうが、あまり良くないですね(笑い)。
by ys1042734 | 2006-10-25 23:37

日本の医療制度は崩壊だ

Excite エキサイト : 社会ニュース


一般的どう思われているかは知らないが、医者は仕事の過酷さと責任の重さの割には収入が少なすぎる。とくに開業医は良いとしても、病院の勤務医はそう思う。最近はそうでもなくなったが、数年前まで医師というと高収入の筆頭で、お見合い会社でも医師専門のお見合いパーティーを開いていたぐらいだ。テレビか何かで見たが、適齢期の女性たちが医師というだけで沢山群がっていた。当時もなぜ一流企業の商社とかマスコミとか広告代理店とか保険会社とかの見合いパーティーってないのかな~、年収は医師に比べ全く遜色なく、仕事の気楽さから言ったら、医者よりずっと楽なのに、と思ったりした。
産科や小児科の医師不足が言われているが、産科や小児科の医師が少なくなるのは当たり前だということ。診療単価は低いし、基本的に夜勤は多いし、重病になれば、その分野の専門医に担当を譲らなくてはならないし、今後患者が減る診療科目で、あまり夢のある分野ではないからだ。ぼくは現状の医療制度や医療行政は、どうも医者いじめがひどくなっていると思う。特にまじめで黙々と働く勤務医の医者に。医師の中には本当に頭が下がるほど医師という職業に聖職を感じ、献身的に医療をやっている人たちも多い。収入だけでなく、医療過誤の問題でも、重労働の問題でも、医者をもっと大事にしないと、日本の医療はおかしくなるかもしれない。
by ys1042734 | 2006-10-25 02:31

ホリエモンは女癖の方が問題だ

Excite エキサイト : 芸能ニュース

もうすでに、ホリエモンとかライブドアって、どうなっているのかな~という感じになっている。裁判は順調に進んでいるようだけれども、ホリエモンは有罪にならないでしょう。ついでに村上さんもね。
事件としてマスコミは大騒ぎしたけど、犯罪性としては非常に小さいもので、風説の流布とか偽計とか、言ってみれば、犯罪と犯罪でない境界線が非常に曖昧な事件。もっと極端に言うと、解釈論の問題はあるが、粉飾決算もしくは粉飾じみた決算している企業が非常に多い中、良くあることで済まれてしまう話だ。たとえば、納税解釈の違いで、国税から追徴をもらうことは良くある。
ホリエモン事件で個人投資家が損害を得たと言うが、1月の東京地検の強制調査が入れなければ、恐らく株価はあのまま言っていた筈で、ライブドアが今みたいに上場廃止の憂き目も合わずにすんだに違いない。世の中、検査や警察が入るから事件になってしまったことって、結構あると思う。ホリエモン、村上ファンドはまさしくそうだ。極端な話、会社の経営者が冤罪で逮捕され、勾留が長く続く間に会社が倒産してしまった時、その社長は倒産の債権者たちに責任があるといえるだろうか。結果責任は当然あるが、道義的には責任がないはずだ。
ぼくはホリエモンは決して好きなタイプではないが、この時代、いてもおかしくない人だと思う。彼にはやはり運だけでなく、時代の勢いにのるだけの器量があった。
ミクシィ上場のときにも書いたが、事業的は何もしていなくて、IPOで何十億のお金が集まってしまったから、いろんな企業を買収して、ライブドアをして実態の有る企業に変身させようとしたのだと思う。ホリエモンの企業はやはり虚業なので・・・。むしろこの女癖の悪いところの方が問題かもしれない。ひなのさんというタレントとは別れたのかな~。
by ys1042734 | 2006-10-24 21:03