<< “胴”ぐらいが順当であった 日本も早く核兵器を持つべきである。 >>

犬のトイレの世話

「うんち」もお持ち帰りの時代? | Excite エキサイト

「うんち」もお持ち帰りの時代?

ウンチのお持ち帰りでイメージするのは、芥川龍之介の小説。お姫様のウンチを綺麗な漆の箱に入れて外に捨てに行くとき、女中が泥棒か何かにその箱を盗まれてしまった、という内容。40年ぐらい前に読んだ小説なので、記憶は確かでないが、大まか、そんな内容であったと思う。

お持ち帰りとなると、万一その荷物を人前に出さなければならないとき、場合によっては気恥ずかしい思いになるのではないかと思う。

毎日、うちの犬のトイレの世話をしているが、毎日、毎日、本当によくするものだ、と思う。

海外のトイレはウォシュレットになっていないので、非常に不便である。なにか良い方法はないものなのかと思う。
by ys1042734 | 2008-08-06 14:42
<< “胴”ぐらいが順当であった 日本も早く核兵器を持つべきである。 >>