<< 国家総動員・翼賛会システムがい... 未婚の母 >>

大マスコミの自民オモネリキャンペーン

Excite エキサイト : 政治ニュース
首相が連立協議を提案 小沢氏持ち帰り、役員拒否 [ 11月03日 00時20分 ]
共同通信


なぜ小沢さんが連立案をその場で拒否せずに、民主党役員会まで持ち帰ったか、ここが問題だ、と今朝のテレビのある評論家が述べてた。

大連立はもともと小沢さんの提案だったという記事が出たりもした。仕掛け人がナベツネだとかも・・・。

いろいろ憶測を呼んでいる。

言えることは、中曽根さんが言っているような、今は、国家の一大事でもなんでもなく、日本は独立国家として国民が選んだ国会議員の判断により、国家の進路を決めていけば良い、ということ。それがなんで一大事なのかが判らない。

僕は石原慎太郎ではないが、ノーということもある日本をアメリカにもわからせるべきだ。北朝鮮問題ではだいぶ日本は無視されている。このぐらいのノーを言わなければバランスがとれない。

テロ、テロというがアフガン、イラク、イランでの反米活動はテロではない。彼等にとって立派な戦争。その戦争の片方、アメリカのサイドに付くことが、どこが国益なのであろう。

まぁ、それにしても今回の連立バナシはよく判らない。ただ小沢さんが不利になったような感じが残るだけである。報道内容に味付けをして、大マスコミ独特の自民オモネリキャンペーンか。
a0089830_1881715.jpg

by ys1042734 | 2007-11-03 18:08 | 時事・政治
<< 国家総動員・翼賛会システムがい... 未婚の母 >>