<< 生保業界で巨額になる おいしい話は向こうからやってこない >>

ゆすりたかりの類

Excite エキサイト : 社会ニュース

<年金着服>9市町のうち5市町告発せず 社保庁要求も [ 10月05日 07時57分 ]

この件では舛添さんの考え方に一貫して賛成。
大体が刑事告訴するしないは行政の考えることではない。越権行為。
犯罪当為があったら、その事件をきちんと警察行政に登録するという意味で、告訴は避けられない手続きなのだ。

自治体のどこかで大袈裟にしたくない、責任問題にしたくないという事なかれ主義が働いたことは否定できない。役人根性だ。首長に刑事事件の司法上の裁量権は与えられていないはずだ

市長はバカだとか、市町村は信用できないとか、という発言は言い過ぎの部分もあるが、当たっているところもある。舛添さんは半分が芸人であるから、良いではないか。そのくらい。

大体が他人の失言を捉えて、訂正しろとか、謝罪しろとか、よく組織暴力団が使う手口と同じで、ゆすりたかりの類である。謝罪したら悪いと認めたことになり、次はお金を要求される。
by YS1042734 | 2007-10-05 13:45
<< 生保業界で巨額になる おいしい話は向こうからやってこない >>