<< 地方大学の経済学部や法学部では... ハンケチの王子、斉藤選手では異... >>

飯島愛の精子バンク利用の意味するところ

Excite エキサイト : 社会ニュース
<女性支援調査>家事・育児分担は「ほとんど妻」が7割 [ 04月03日 20時08分 ]
毎日新聞社

このアンケートの狙いがよく判らないが、女性が子どもを産まなくなったことへの対策を検討するためにアンケートを実施したということか。
そして結論として、既婚の男性は子育てをもっと手伝え、ということになったということか。
この種の調査を、もしまだ子どもが多産であった40~50年前に実施していたら、結果はどうだったのだろう。
おそらく結果は同じで、旦那さんはもっと子育てを手伝ってよ、ということになったと思う。
もしかしたら戦前の女性の不満も同じで、この種の家庭の女性の不満は家族制度・社会制度の全く違う江戸時代ぐらいまで溯らないと違う結果は出ないのかもしれない。
逆に旦那さんが子育てを手伝うことで、子どもを産むことが増えるのかどうか・・・。恐らく増えない。
これは少子化テーマの本質を見誤っているからだ。
子どもを女性が産まなくなったの原因は、晩婚化であり、非婚化。
子どもは欲しいのに、結婚に夢をもちすぎていて現実の結婚ができないか、逆に結婚に夢がもてなくて現実の結婚できないかのどちらかだと思う。
だから結論は、女性に現実の結婚に理解・妥協をもってもらうか、結婚しなくても子どもを持てるようにするか、の対策しかない。
未婚・非婚の女性が子どもを持つことへの社会インフラ・文化インフラを持つべきだと思う。飯島愛の精子バンク利用の意味するところに本質がある。
a0089830_255463.jpg

by ys1042734 | 2007-04-04 03:13
<< 地方大学の経済学部や法学部では... ハンケチの王子、斉藤選手では異... >>