<< パフォーマンスで充分 債務者への締め付けもサラ金の比... >>

法の解釈論だけで判断した判決

Excite エキサイト :
社会ニュース


<代理出産>向井亜紀さんの双子、最高裁が実子とは認めず [ 03月23日 16時37分 ]
毎日新聞社


実子と認めても良いと思うが、法の解釈論だけで判断した判決。理屈上はそのとおりであるが、実害がないので認めても良かった。
ご夫婦は子どもがある程度大きくなったとき、養子では説明が必要であるから実子にしたかったのだと想像する。しかし、最終的には説明するつもりであろう。最高裁は、実子で届け出を受けて、子どもには永久に言わないということがあるとまずいと判断したのか。法は法だということか。・・・よく判らない。アメリカの代理出産者との法律的関係がややっこしい。

昨日、東京都下羽村市にある有料老人ホーム「グリーン東京」に行ってきた。前々から行きたいと思っていたが、なかなか実現しなかった。滝上宗次郎氏は本当にすばらしい有料老人ホームの経営をしていたのだと再確認した。本来のあるべき姿を徹底的に追求していた。日本一の有料老人ホームにしたい、と常日頃言っていたそうであるが、すでに日本一の資格はできていた。このブログで、どこかすばらしかったかを書くには専門的過ぎて気が引けるが、簡単に言えば入居している高齢者を大切にする経営理念ということか。
その8階の屋上から撮った奥多摩方面の写真を添付。
帰りの立川駅の広場で、たまたま浅野都知事候補の演説を聞く。もう随分昔、浅野さんと大学が同期の先輩から、選挙で応援してくれ、と頼まれたことがあった。勿論宮城県知事選挙ではなかった。東京のぼくに投票権のある話であった。浅野さんは厚生省を辞めた後、国政選挙に出たことがあったのか・・・。よく思い出せない。いつも、「よろしく」というハガキをいただいていたが、ここ何年もハガキは来なくなった。
それにしてもマスコミの石原都知事批判はすごい。一種のキャンペーンだ。
a0089830_19472322.jpg

a0089830_19501050.jpg

by ys1042734 | 2007-03-23 19:42
<< パフォーマンスで充分 債務者への締め付けもサラ金の比... >>