<< インドの発展 ニホン英語は世界に通じる >>

選挙が怖くて言えない

健康 - エキサイトニュース
高齢者の医療保険制度で一番問題なのは、所得が年間350万円程度の20歳代の若年層が、所得が2000万円以上の富裕層の高齢者の医療費を負担しているということが沢山あることだ。

お金のある高齢者もお金のない若者から助けてもらおうとは思っていないが、国の制度なので仕方がないと思っている。これは医療だけでなく、年金にもいえることだし、介護でも同じ問題をはらんでいる。

小泉竹中内閣の時、高額所得者の税率が70%から40% に下がってしまい、高齢者の富裕層は益々お金持ちになった。しかし高齢者はあまりお金を使わないし、いらない。

お年寄りだからといって一律に助ける必要があるというのはおかしい。しかし政治家はこんなことも選挙が怖くて言えない。
by ys1042734 | 2010-07-27 06:49 | 社会保障
<< インドの発展 ニホン英語は世界に通じる >>