<   2007年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

日本語をきっちり勉強することの方がずっと必要であると思う。

Excite エキサイト : 社会ニュース小学英語必修、親の7割賛成 ベネッセのアンケート調査 [ 03月31日 16時14分 ]
共同通信


前もこのブログで書いたが、小学生で英語を学習するのは反対だ。
小学生の習う英語は、恐らくBOOKとかHOUSEとかDOGとかの、日常生活でも覚えてしまう単語か、文法であればやさしいものに限られる。
こんな簡単な英語を、小学生のうちに、より早く覚えても意味のないこと。
中学校で本格的に英語を勉強するようになれば、すぐにマスターしてしまう。
どうも小学生の頃から英語を勉強させた方が良いという人たちの狙いが判らない。
HEARINGとかSPEAKINGが早く出来るようになれば良い、と思っているのかもしれない・・・。
小学生の頃からはじめても、それは日常会話がすこし早くできるようになったということだけであって、とてもビジネスの世界で英語が出来るということにはならない。
大人のビジネスの英語や大学などでの学問の英語は小学生のころに英語を始めたとしても、別の英語の勉強が必要だと思う。そんなことよりも、
日本語をきっちり勉強することの方がずっと必要であると思う。
a0089830_20472580.jpg

by ys1042734 | 2007-03-31 20:47

不二家はさっさと裁判すべきである

Excite エキサイト : 社会ニュース

<不二家>情報番組でTBSに賠償請求も 対策会議提言 [ 03月30日 21時02分 ]
毎日新聞社


不二家はさっさと裁判すべきである。1月22日の放送では、まだ関西テレビ「あるある」が大きな問題になる前だから、捏造の可能性は否定できない。しかし捏造か否かはTBSでないと判らない訳であるから、不二家サイドが真偽を調べ、その結果、今回「事実ではない」という報告が出たのなら、さっさと裁判を起こすべきである。
みのもんたの「朝ズバ」という番組は視聴率が高いらしいから、世論に影響を与えた可能性大であり、もし捏造ということになれば、TBSの報道機関としての信頼性は地に落ちるだろうし、株価、売り上げ、暖簾代に与えたマイナスダメージは小さくないので、興味ある判例がでるかもしれない。
この間の日興コーディアルに関する日経の非上場報道で損害を被った個人投資家は損害賠償請求しないのかな~。
羽根木公園の桜は今が満開。朝の6時、すでに花見用のシートを敷いて陣取りをしている人がいた。
a0089830_8124322.jpg
a0089830_8131826.jpg

by ys1042734 | 2007-03-31 08:10

副作用のない薬はない

Excite エキサイト : 政治ニュース

<タミフル>異常行動調査に問題点 厚労省事務次官が認める [ 03月29日 19時03分 ]
毎日新聞社


副作用のない薬はない、のだと思う。サリドマイド、HIV、肝炎など薬や輸血が原因で重い病気になっている人は多い。こういう薬害問題で重要なことは認可のプロセスと問題報告があったときの対応のあり方だ。
この薬を使うと100名の人の命が助かる、しかし1名の人はこの薬が原因で死んでしまう、というケースをどう考え、対応するかということだ。普通は99人の命が多く助かる選択肢を選ぶのだろう。

辻次官は問題があったことを認めた。つい数週間前は問題ない、としていた厚労省のトップである。タミフルの認可などの問題ではなく、薬害報告への体制の問題を問題だ、としたまでだ。しかし、厚労省サイドの非を認めたわけであるので、そのために今後この問題が更に大きくなるのか、縮小に向かうのか・・・。

東京では桜が満開になったらしいが、忙しくて、とても鑑賞する時間がない。土日に近所の桜並木でも行って写真を撮ってこよう。
a0089830_2142185.jpg

by ys1042734 | 2007-03-30 04:36

なぜ天下りがなくならないか

Excite エキサイト : 政治ニュース

<官僚天下り>4割超が省庁あっせん 06年白書 [ 03月28日 19時25分 ]
毎日新聞社


なぜ天下りがなくならないか。随分以前だが、そう言うぼくも天下りの元役人と一緒に仕事をしたことがある。
  ・官公庁の情報が非常にとりやすい
  ・官公庁の人脈が非常に作りやすい
  ・競争入札、随意契約、いづれにしても天下りをうけていると、官公庁はやはり人の
   子であり、配慮してくれる(次の自分の就職先かもしれないから)。
  ・最後に、やはり、その該当分野に精通している。
官公庁自体からの発注、官公庁が持つ予算に関する発注、これらについては天下りがいるのといないのとでは、営業成績は雲泥の差。
天下りの原因は官公庁の権力がやはり非常に強い、ということだろう。したがって、受け入れ先もメリットがある。優秀なOBは民間では取り合いになるケースも少なくない。何十年も続いた慣行なので、そう簡単にはなくならないと思うが、人材バンクという横串を入れて、官と民の間に一定の障壁を作ることは是非必要だ。
a0089830_7553850.jpg

by ys1042734 | 2007-03-29 07:47

安倍総理は演出がヘタである

Excite エキサイト : 政治ニュース

<新人材バンク>「設置3年で一元化」首相が表明 [ 03月27日 23時21分 ]
毎日新聞社


安倍総理は演出がヘタである。やはり、ブレーンに有能な人がいないのか。世耕氏は広報担当として何をしているのか。
今回の人材バンクの件は安倍総理の人気復活の話題として非常に良いテーマであったが、そのタイミングを逸してしまった。
渡辺さんの主張する「2年で開始」の反対派である片山参議員や中川昭一政調会長にもっと反対してもらって、マスコミも動員して大きな論点に仕上げ、最後に安倍さんが「2年で決断する。反対派は党を去れ!」とか言ったら、人気は急騰したと思うのだけれども、どうだろう。
日本の政官財にとって、この人材バンクの件は非常に大きなテーマである。我が国の大きな弊害になっている官僚の力を低減させる最良のテーマであり、これが上手くいくと我が国の政治家も、政策がわかり、政策を作れる本来の政治家らしい人物しか議員になれなくなる。
こんなに大きなテーマを安倍さんもマスコミも矮小化した扱いしかしなかった。残念である。官僚の力はまだまだ強いのである。

この間、内閣府のある会議に出た。そこで若干違和感を感じた光景があったので報告する。
医療問題のテーマであったが、外国人の教授が5~6名、日本人の教授が10名ぐらい出席していた。よく知っている教授も半分ぐらいいた。その中で一人ひとりプレゼンしていくのだが、外国人の教授は勿論、日本人の教授のプレゼンも英語でのプレゼンが多かった。提出された文書もすべて英文。日本人同士の議論する言葉も英語。日本で、だ。

すでに世界は英語を共通語として扱っていて、英語が出来ないと何も出来ない。世界の人口は65億人になっているらしいが、日本語を使っている人間は2%もいない。英語は母国語としてまたは公用語として使用している割合は20% 以上だという。中国語も人口としては多いのだろうが、グローバルという意味では英語の比ではない。
単純計算できないが、世界の情報の最低20%以上、正式な文書ということになれば、50%以上が英語で書かれているのではないだろうか。
それに対して日本語はどんなに頑張っても2%。ほとんどの日本人は、テレビ、新聞、書物など、この2%の情報の中で暮らしている。

a0089830_5394611.jpg

by ys1042734 | 2007-03-28 05:07

未来に対するビジョンの共有化のみがこの問題を解決する

Excite エキサイト : 政治ニュース

「日本軍関与せず」と表明 下村副長官、慰安婦問題で [ 03月26日 18時44分 ]
共同通信


この問題は前から言っているように数兆円のお金を投じて、政府が日本及び外国の教授、研究者、政治家、小説家、俳優、映画監督、各種プロデューサーなどに日本の立場、信じている歴史を説明し、納得してもらい、きちっと出演料のお金を払って、欧米のテレビ、新聞、雑誌、ラジオなどに、意見広告、事実のルポ記事投稿、ドキョメンタリーフィルム、映画作成などを通じて、従軍慰安婦“デタラメ”キャンペーンを張らないとダメだ。
中韓はお金を使って従軍慰安婦“事実化”キャンペーンを張っている。サッカーのワールドカップのときも韓国がお金を配りながら後から割り込んできて日韓共同主催にしてしまったし、日本が国連の常任理事国への立候補のときも中国がアフリカでお金を配って反対票をまとめてしまったしで、日本はお金を使って国際的に働きかけ、賛成票を集めるのが非常にヘタな国なのだ。お金は世界で二番目多くに配っているのに・・・。
これは外務省の外交官に、かつての大蔵省の官僚のように、勉強はできるが、営業・渉外活動が出来ない頭でっかちのエリートばかりそろえているからだ。

欧米のマスコミも事実を調べて日本の政治家発言を批判する記事を載せているわけではない。
みんながそう言っているから、の程度である。
だから、みんなに違うと言ってもらえば良いのである。
「あれは軍に対して食料や日常雑貨、衣料品などを納入する民間業者(これで儲けたのは例の児玉誉士夫)がいたように、歌手や宝塚劇団員を慰安会場の慰安芸能ステージに出演させていた民間業者のように、軍隊の駐屯地の近くに公娼の売春宿を設営していた民間業者がいただけなのだ」と。
「戦場であり、グリラ戦もあるので若い兵士の身の安全のため、公娼売春宿を軍隊の駐屯地の中に設営しろ、と指示しただけである」と。
「民間業者はお金で親から娘を買ってきて、可哀そうな娘は強制的に公娼宿に閉じ込められていた」と。
これは今回の問題が発生するずっと昔にぼくが読んだ何冊もの本に書いてあったことだ。
おそらく昭和20年代から30年代に書かれたものであったと記憶する。あのような本を書いた人々(無名の人々)は既に死んでしまっていると思うが、他に事実を知っている人はまだ日本には沢山いるはずだ。

日本は謝罪すべきだと主張している一部の日本人はどういう歴史的真実を調べたのだろう。涙流して訴える自称“従軍”慰安婦の老婆の言っていることだけを信じているのだろうか。
彼らには補償金という狙い・メリットがある限り、ぼくは彼等の言うことをそのまま信じるわけには行かない。
なぜ昭和20年代、30年代、40年代、50年代ではく、平成に入ってから騒いでいるのだ?

なぜか、日本には外国カブレの日本人がどうしても存在する。平安時代から外国ものには無条件に信奉する日本人がいるのだ。
聖徳太子の仏教もしかり(許せる)。
坂本龍馬の万国公法・株式会社による自由貿易しかり(許せる)。
尾崎秀美・野坂参三の共産主義しかり(日本を“売った”という意味で許せない)。
どうも日本人には自らを否定するDNAを持っていて、歴史上、ときどきこのDNAが暴れだし、歴史を大きく変えてしまう。
この数週間、ぼくのブログに批判のコメントを投稿した“極楽トンボ”の人たちのように、外国製の思想・制度・言語などを少しかじっただけ、外国に少し暮らしただけなのに、その信奉者になってしまうのだ(尾崎秀美・野坂参三は沢山かじってはいるが・・・。)。困ったものだ。
日本人で日本政府に謝罪しろと言っている連中(今のところ、聖徳太子や坂本龍馬というよりは日本を“売る”という意味で、尾崎秀美や野坂参三に近い)は、繰り返すが、今回の慰安婦問題もどれだけの歴史の真実を探求したのだろう。そういう老婆が居たとか、中韓の政府やマスコミがそういっている、というのでは何の証明にもならない。

話は変わるが、歴史というものは永遠に折り合いがつかないものなのかも知れない。
日中、日韓で歴史認識問題の共同委員会を創っているが、双方それぞれの専門家が意見を言うだけで、平行線なのだそうだ。専門家でさえそうなのだ。
それもそうなのだ。
歴史には主語があり、主語の主体がどちらかなのかにより、意味が変わってくるからだ。
コロンブスは「新大陸を発見した」というだろうし、原住民は「新大陸発見?ふざけるんじゃない。白人が海の向こうからやって来ただけだ。自分たちは数千年の昔から住んでいるのだ」と言うだろう。

一つの事実をめぐる意味づけ・解釈は主語によって変わる。
しかし、ぼくは日本政府は、今、判っていて、かつ信じていることは対外的にはっきり主張すべきだと思っている。
それと並行して、事実をきっちり調べて本当の真実を教えてもらいたい、とも思っている。

コロンブスの新大陸発見ではないが、100%日本軍が悪かったというのも恐らく違うだろうし、“従軍”慰安婦だったとする老婆の主張も本当の部分があるかもしれない。この世の中のことだから、オールオアナッシングではない。しかし、今の論調はオールオアナッシングであるから、マズイのだ。

入江昭ハーバード大名誉教授は、歴史認識について、「未来に対するビジョンの共有化のみがこの問題を解決する」と言ったそうであるが、そのとおり。よくお判りであり、さすがである。
中韓と、未来に対するビジョンの共有化が持てるかな(笑い)。
頑張りましょう。

a0089830_721492.jpg

by ys1042734 | 2007-03-27 07:11

昼間の地震が怖い

Excite エキサイト : 社会ニュース

<能登沖地震>携帯各社が災害用伝言板サービス開始 [ 03月25日 12時55分 ]
毎日新聞社


今の時代、高校生以上になればケイタイを持っていることが多いから、このサービスは非常に良い。小中学生ぐらいまでは比較的自宅の学校に通学することが多いので、平日の昼間の地震でも自宅近所という意味で大きな不安はないが、高校生や大学生になるとどこにいるかもわからないときがあるから、伝言でも連絡がつくと言うことは非常にありがたい。前もこのブログに書いたことがあるが、昼間の地震が怖い。家族がバラバラで東京での大地震の場合、再会するまで一日かかることもあると思う。家族でこの災害用ケイタイサービスの使い方を確認しておかなければ・・・。
地震で思い出すのは、ぼくが中高生の頃、自宅にホームステイの大学生などが毎年のように来ていて、たとえば同じアメリカ人でも西海岸の人は地震に対してほぼ日本人と同じような感覚でいるのだが、東海岸の人間は全く地震に対する免疫が出来ていなく、この世の終わりのような驚きであったということだ。地面全体が大規模に動くということが想像できないらしく、平気でいられる日本人が不思議だと言っていた。中には滞在期間中、ぜひ地震にあいたいという人もいたが・・・。世界広しといえども、地震になれた国民というのは以外に少なく、環太平洋一帯と地中海の東部とインド洋のユラシア大陸の海岸線ぐらいの国々だと思う。殆どが海岸線で、数百キロ内陸になると地震が極端に少なくなる。ナツミが英語になってしまったのも判る感じがする。
ホームステイで思い出したのは、昨日、テレビでフリーアナウンサー久保純のゲスト出演の番組があって、たまたま外出先で見た。久保純は小学生のとき父親の仕事で4年間ロンドンで、中学生のときイジメに会って不登校になり、高校は都立に入ったものの、すぐニューヨークの高校へ留学したとのこと。そのニューヨークのホームステイで大変いやな目にあって苦労したとのこと。久保純を見る限り、そんな苦労をしたとは決して思えなかった。高校生までの合計7年間海外に暮らしていて、日本語に問題がなくNHKアナウンサー部に入るとは立派なものだ。何よりもフリーになって子供向けの英語番組をやっている久保純を見てびっくりした。こんなに綺麗な英語の発音をしていて、いままでNHK時代、ぼくは久保純がこんなに英語ができるとは全く知らなかったから。能ある鷹は爪を隠すということわざは、やはり本当だ。



a0089830_2144846.jpg

by ys1042734 | 2007-03-26 00:42

安倍さんのラストチャンスがこのテーマにあると思う

Excite エキサイト : 政治ニュース

「5年望ましい」と片山氏 新人材バンク移行期間で [ 03月24日 10時52分 ]
共同通


こういうところから、政治家自体が天下りを歓迎しているのが判る。
なぜいままで長い間天下りを防止しようとしつつ、殆ど改善されていなかったか、ここに理由は存在する。
政治家として高級官僚の天下りを認めることのバーター交換として、役所から色々と情報が欲しいし、在任中に言うことも聞いてもらいたいし、ということだ。
政官は持ちつ持たれつの関係にあるということ。
竹中さんのようなシガラミのない人が思い切った金融改革をしようとしたとき、官僚の反対がアンチ竹中派として多くの政治家を動かしていた。

安倍さんのラストチャンスがこのテーマにあると思う。
渡辺さんが、シガラミがないので非常に思い切った改革をしようとしている。
もし安倍さんが新人材バンクの稼動を2年と決断したら、人気が復活する可能性も高い。
5年としたらもうダメだ。
3年でもチョットの人気回復にしかならないだろう。
この辺の判断が出来るか否か、安倍さんのトップとしての力量が試されている。
国民は天下りなんて、とんでもないことだと本当に思っている。中央官庁の力を弱めなくてはならない時代、ちょうど良いタイミングであるが・・・。
a0089830_6501359.jpg

by ys1042734 | 2007-03-25 06:48

この先生は良い先生だと思う。

Excite エキサイト : 社会ニュース

評価に悩み通知表渡せず 鹿児島の小学校教諭 [ 03月24日 12時39分 ]
共同通信

もしこの記事の内容が本当であれば、この先生は良い先生だと思う。
評価に悩むのは当たり前だし、真剣に評価を考えている証拠。
実は朝令暮改をぼくもよくやり、部下の人から陰で文句を言われていると思うときもある。
何かをよくよく考えると、前の結論とは違う結論になるときもあるのです。考えるということは悩むということだし、悩むということははっきりしないということ。
そういうことですから、まぁ、許してあげましょう。

少し前からコメントフリーにしているので、ときどきコメントをもらう。

ぼくは自分のブログで新聞社の社説のような“大人”の意見を言ったり、差し支えのない文章を書くつもりは全くない。
文章を書くのが仕事なので、感情的でない文章は辟易しているのです。
しかも、そもそも意見というものは反発を受けることが多いものです。
誰からも批判や反発を受けない意見というものがもしあるとすれば、それは意見というよりは、“自分の気持ち抜き”で何かを表現しているだけのことで、あまり意味のある行為ではないと思います。
バカとズルイとか良い人とか、ぼくはよく使いますが、これはぼくのレトリックです。
そのとき自分の気持ちに一番近い言葉を見つけてきて、尚且つ、それを読む人がぼくの気持ちに一番近い気持ちになれる言葉を使っているのです。
だから非常に重要なキーワードなのです。
a0089830_21111086.jpg

by ys1042734 | 2007-03-25 00:43

パフォーマンスで充分

Excite エキサイト : 社会ニュース

<宮崎県>東国原知事の公用車、255万円で落札 [ 03月23日 20時43分 ]
毎日新聞社


知事用・副知事用にそれぞれ国内最高級車のトヨタセンチュリーや日産プレジデントをなぜ買い揃えていたか、そちらの方が問題だ。知事や副知事に最高級車を(多分、運転手つきで)用意してあげる必要があるのか。民間企業であれば対外的にステータスや威厳(権威?)みたいなものが必要であるというのは分かるが、県民のための公僕がステータスや
見た目の威厳は不要。車は必要であるとしても、最大譲ってクラウンかセドリックだ。
東国原知事はパフォーマンスであると思うが、パフォーマンスで充分。こういうパフォーマンスを前例にして他の県知事にも真似してもらった方が良い。
犬の散歩の途中、羽根木公園で今年の一番桜を発見。3月24日午前6:00撮影。もともと都内有数の梅の名所。寿司で有名な梅が丘の美登利寿司本店も近い。  
 
a0089830_7552782.jpg

by ys1042734 | 2007-03-24 07:59