カテゴリ:日記( 4 )

泥酔

10月26日の午後は六本木ヒルズのホテルで、あるコンサルタント会社のセミナーに出席し、ワインを沢山飲んでそのまま夜中まで飲み歩いてしまった。
翌日の朝から高松出張であったが、夜半にタクシー帰宅。泥酔であった。
a0089830_14415330.jpg

by ys1042734 | 2007-10-26 23:34 | 日記

大変な勘違いだ。

Excite エキサイト : 社会ニュース

第1志望入社も43%が転職 “就職氷河期”の20-30代 [ 08月22日 17時07分 ]
共同通信


今年の夏休みに入る前、研究所で一番若い30才過ぎの社員が会社を辞めたい、と言って来た。ヘッドハント会社から彼のところに連絡がしばしばあって、9月1日から別の会社に行くことに決めていると言う。

僕はいくつかの質問をした。どんな会社にトラバーユするのか、両親は知っているのか、会社の誰かに事前に相談しなかったのか、何が不満であったか、などなど。

昨年も30才の男子社員が会社を辞めた。

二人に共通していることは理系であり、金融工学の勉強をさせていたこと、研究員としてはまだまだ半熟以下であること、未婚であることなど。

彼が辞めるという申し出に対して、僕は二つの意味で反対した。

一つは本人には言えないが、社会に出てもまだまだ使い物にならないことが明白であること、二つ目は辞めるならアクチャリーの資格(ここ数年間、この資格を獲る為に勉強している)を獲ってから辞めろ、ということであった。

おそらく他の会社の方が仕事は厳しいし、残業もあるし、職場のストレスも多いだろうしということで、大分留意させたが、結局、本人の意思は固かった。

ここの研究所は研究員は1年間に2つの研究テーマをこなせば良く、朝9時に来て必ず夕方5時に帰れる。

研究所の借りたマンションに住み、大学同期では充分水準以上の年収を獲り、高級車の乗り回している。

昨年の12月のヨーロッパ出張では、本人の彼女が仕事で赴任しているフランクフルトにわざわざ簡単な仕事を見つけてあげて、彼女と会わせてやり、ゴールデンウィークには10日間のリフレッシュ休暇で東欧旅行に行き、夏休みは9日間通しで休みを取り、アクチャリーの試験の前には一週間の試験準備休みをあげている。こんな条件・環境の良い会社はないと思えるのに、辞めると言う。

まァ、勝手にして世間の厳しさを知りなさい、そして、自分の価値のなさと世間の実態を知りなさい、というわけか。

昨年辞めた若者もそうであったが、文学、哲学、思想、政治というテーマとは限りなく遠い人間で、理系と言うことからかもしれないが、人間的な情緒のない、人物的にもの足りなさが残る人たちであった。

こういう若者たちが外資系の投資銀行などへ行って、大変な収入をもらって天下を獲った気になっているのか・・・。大変な勘違いだ。

a0089830_20594223.jpg

by ys1042734 | 2007-08-22 20:58 | 日記

遠い憧れの世界の人

Excite エキサイト : 社会ニュース

山口小夜子さん死去 モデル [ 08月20日 17時13分 ]
共同通信


山口小夜子さんは僕にとって遠い憧れの世界の人。

山口さんパリコレデビュの35年前のころは、僕の実姉があるメーカーの服のデザインのため原宿でアトリエをやっていて、そこに遊びに行くと、よく服飾関連の雑誌に山口さんのモデル写真が載っていた。

僕はまだ十代であったが、原宿に行くと綺麗なお姉さんたちが一杯いて、アトリエに散らばっている試作品のジーンズやジャケットをどうせ捨てるのだからとただでもらって帰るのが楽しかった。

山口さんは起伏の少ない顔に切れ長のの瞳。東洋的というより日本的であった。日本古来の博多人形などを意識していたのだと思う。はじめて見たときは非常に印象的で、時々似たような人と街で行き合うようになっていた。当時、あの髪型ははやっていたのか。

日本人にとってはときどき街にいる顔立ちであるが、西洋人にとっては
非常に印象的な顔立ちであったと思う。

今の人はわからないだろうが、当時、山口さんはファッション界の大変なトップスターで、遠い存在であった。

合唱

a0089830_195594.jpg

by ys1042734 | 2007-08-20 19:55 | 日記

11月の第3木曜日はパリでボジョレー・ヌーボーを

『本格ボジョレー・ヌーボーとフランスの田舎料理』講座:女性限定セミナー | ウーマンエキサイト ポリッシュ

来月、調査でヨーロッパに行くとき、パリで「ボジョレー・ヌーボー」をぜひを愉しんでくれ、とお世話になるフランスの会社の日本支社の人に言われているのを、今この記事を読んでて、思い出した。先日、その人が自分も一緒にパリに行くと連絡があり、恐縮していたが、記事を読んでいて、その人も行きたいのかも・・・、と思ったりした。しかし、第3木曜日というと、16日だ。12日から15日までパリで、16日のこの日はロンドンに行ってしまっている。どうしようか。ロンドンとパリを入れ替えるのはすでにアポが入っているので無理か。もともと気ままなところがあり、計画性のない自分に呆れる。お酒の銘柄などにこだわりがないたちなので、忘れていた(笑い)。
by ys1042734 | 2006-10-22 20:46 | 日記