カテゴリ:国際問題( 22 )

北朝鮮の今後

国際総合 - エキサイトニュース

最近のアラブ諸国の民主化の嵐を見て、北朝鮮にチェニジアやエジプトのような政府転覆が起きないように祈るだけである。

もちろん独裁者による独裁政治は良くない。しかしチェニジアやエジプトと違い、北朝鮮で政府転覆が生きた場合、大量の難民が発生し、韓国や中国にダメージを与えそうだからだ。

転覆される政府の国内状況によっては、今回のリビヤのように内戦状態になるケースもある。北挑戦ではどうなるか分からないが、金王朝の人々は簡単に権力の座を引き渡すはずがないから、最後まで武力による闘争になるのではないか、と思う。リビヤのカダヒィ大佐のように徹底抗戦なるのではないか。
by ys1042734 | 2011-02-27 15:45 | 国際問題

一連のアラブ諸国での騒乱

国際総合 - エキサイトニュース

この一連のアラブ諸国での騒乱は、まだよくわからない。
自由がない民衆が民主化を要求していると言うが、それだけなのか。

もともとイスラム国家は厳しいイスラム教の下で宗教的戒律をまもり統治されていたから、
所謂、民衆による民主化の要求が起きているというのが、にわかに納得がいかない。

反イスラムの動きでもないとすれば、単に長期政権に対する単純な反発なのではないか。
今の状態に満足がゆかない理由を長期政権のためにそうなっているということなのか。

どうも民主化でもないし、反イスラムでもなく、現政権に対する単純な不満という気がするのである。

(ワシントン、スミソニアン)

a0089830_63628.jpg
a0089830_6363241.jpg
a0089830_6365948.jpg

by ys1042734 | 2011-02-22 06:34 | 国際問題

貪り食いつくされる「日本」ブランド

女性コラム - エキサイトニュース

ハーグで二日目の夜を過ごした。昨夜はハーグの中心地で軽くビールを飲んだ後、海岸の方にあるクルハウスというホテルの近くに戻り、そこでおとついと違う「さくら」という名の日本レストランに入った。

ここでも日本語ができる従業員はゼロで、非常に広い店内には鉄板焼用のテーブルがいくつも並んでいて、値段が30~50ユーロと安くもないのに家族連れで賑わっていた。

なぜオランダ人がこんなに日本料理が好きで、憧れに近いものを持つのか、その理由は知らない。しかし、その料理店で行われていること、出される料理は決して日本料理とは言えないものばかりであった。

お好み焼き似の鉄板焼き料理をロッキー青木の紅花的に音を立てながら調理人が料理し、しまいにその料理されたお好み焼きのようなものを刻んで、空中に投げ、それを犬のように手を使わずお客に口で食べさせるというショーをしていて、日本人であればひんしゅくもので、決してこんなことはしないと思った。

この店の経営者は中国人であり、結局、従業員も日本に来たこともないアジア系の移民ばかりであり、「日本」というブランドを使って客寄せをし、「日本」を知らないオランダ人に対して、間違った「日本」であっても、異国情緒と憧れと話題性と一味違った雰囲気を与え、商売しているのだと思った。

やはり「日本」というブランドは、トヨタであり、ソニーであり、パナソニックであり、今度な産業国家というイメージと、歌舞伎や浮世絵、文学や映画という文化的にも独自の世界を築いている。ヨーロッパ人にとって自分たちと一番日本は距離的にも内容的にも離れているが、確かな独立した文化と伝統を築いているとの認識が浸透しているのであろう。だから「日本」ブランドが好きなのだ。

その「日本」というブランドを現地のヨーロッパ人が日本の本当の姿を何も知らないことを良いことに、持ち前の生命力と繁殖力、金儲け主義だけで間違った形でそのブランドを活用し、「日本」という長年日本人が築いてきたブランドがいとも簡単に中国人や韓国人に傷つけられている姿を見て、何とも言えない気分になった。

日本人がもっと日本の文化を正確に広げるべきなのにもかかわらず、尖閣列島や竹島で日本を非難する中国人や韓国人が自分たちのブランドでは商売できないので―本当に海外に出て外国人と話すとわかるのであるが、中国人と韓国人は嫌われている―「日本」と言うブランドを勝手に使って、間違えた形で貪り食っているということだ。

これは日本政府のだらしなさがそのまま出ている。日本人が数百年かけて作り、西洋人にも憧れを持たれている日本ブランドを訳のわからん中国人や韓国人に無断使用され、汚されているのだ。

かつてフランス政府が「シャンパン」は固有のブランドであるから他国産のスパークルワインはこの名を使うなということで、それが認めららて今まで来ている。そういう政府の努力がもっと必要なのではないかと思う。

このままでは食べ物の「日本」というブランドが傷つけられて回復できないところまで落ちてしまうと思う。

今の仙菅ボケなす政府では無理だと思うが、つまらないDOAなどにお金を使わず、文化の輸出にもっとお金を投じるべきである。これは経産省の仕事か…。

お人好しの日本人よ!早く自覚しろ!
by YS1042734 | 2010-12-11 11:42 | 国際問題

センスを疑う

国際総合 - エキサイトニュース【北京共同】中国外務省の胡正躍次官補は21日の記者会見で、中国に厳しい姿勢を取る前原誠司外相について「毎日のように中国を攻撃する発言をし、口にすべきでない極端なことも言っている」と厳しく批判した。その上で今月末の開催に向け、日中両国が調整しているハノイでの首脳会談について「実現に必要な条件と雰囲気」が欠けているとの認識を示し、外相発言と絡めて日本側を強くけん制した。

.......................................................
前原さんは元々アンチ中国の気持ちが強いから、かれの発言は彼の考え方の延長だ。この時期に前原さんを外務大臣したセンスを疑う。
by ys1042734 | 2010-10-22 04:19 | 国際問題

中国国内の権力構造

国際総合 - エキサイトニュース【綿陽共同】中国四川省成都など地方3都市で16日、計1万人超とみられる反日デモが起きたのに続き、四川省綿陽市で17日午後、若者らによる大規模な反日デモが起き日本車などが壊された。デモ参加者は暴徒化し、警察が制止できない状態という。中国漁船衝突事件をきっかけにした対日抗議行動や反日デモはさらに拡大した。中国指導部は衝撃を受けているとみられ、日中関係の修復の道筋は不透明感が増してきた。

どうも中国国内の権力構造は、日本から見える以上に複雑らしい。中国のトップは尖閣列島問題では、これを恐れて日本に対しては非常に強気に出ていたが、これは対抗勢力が煽っているのか。
by ys1042734 | 2010-10-18 04:57 | 国際問題

絶対に有罪にならない

社会総合 - エキサイトニュース

この東京第5検察審査会に参加している人たちは、相当レベルの低い人達らしい。検察がストーリーを作って、それに基づいて事件を創作しているとなぜ気づかないのか。

雰囲気に流される衆愚の民である。こういう連中はマスメディアの記事を読み、それを信じて生きている。恐らく、さんまや紳助の低俗番組を見て笑って生きている連中である。

なぜ小沢議員の政治生命が危ないのか。そう書くマスコミがそれを期待しているだけであろう。三流弁護士が検察役を演じても、絶対に有罪にならない。
by YS1042734 | 2010-10-04 17:23 | 国際問題

ほらみろ、言わぬことがない

政治 - エキサイトニュース

ほらみろ、言わぬことがない。

引けば押してくるのが中国。

しかし、今回の事件で日本の軍備強化の必要性が判ったのではないかと思う。

日清戦争のころも中国海軍の遠定とか言う戦艦を中心とする艦隊が日本に来て、日本を威嚇して帰った。

日本も早く核武装(大陸間弾道弾を1000発は必要)と、空母を含めた艦隊を4つ、5つ造るべきである。

道路・橋は無駄だが、軍備に公共投資するのであれば無駄ではない。
by ys1042734 | 2010-09-26 08:30 | 国際問題

中国は法治国家でなく人治国家

国際総合 - エキサイトニュース

何を撮っていたか判らない。市内の撮影で、たまたま解放軍の地区本部がバックにあっただけなのかのしれない。それでもその気になれば公安は逮捕する場合もある。中国の公安の強引さを知らないで、日本の基準で判断しない方が良い。中国は法治国家でなく人治国家なのです。
by ys1042734 | 2010-09-26 08:13 | 国際問題

これで尖閣列島の帰属は中国と決まった

政治 - エキサイトニュース


アメリカには媚びるし、中国の強引さには負けるし、一体、この政権は何なんだ。アメリカか中国かどちらかからはメリットをとれよ。

これで尖閣列島の帰属は中国と決まった。今後、もっと多くの漁船が来て、その内、それらを守るため軍艦が来るだろう。

その時、かつての南沙諸島のベトナムのように海上保安庁に交戦する勇気があるかね。そのうち実施的支配されてしまう。

本当に毅然とした態度を貫いて欲しかった。
by ys1042734 | 2010-09-24 19:50 | 国際問題

米国とタッグを組むのが本当に良いのか

社会総合 - エキサイトニュース

米国が尖閣列島は日米安保条約の枠内と発言したことで、今回の尖閣列島問題の枠組みが明確になった。その代わり、普天間と思いやり予算では一方的な譲歩を日本は米国に対してせざるを得ないだろう。

今回の枠組みとは、中国に対する日米の対立構造である。米国議会はは中国の元切り上げに対する圧力のため、非難決議する可能性も大。

一方で中国国内の政治権力バランスも波乱含みである。上海系の政治パワーは現政権の転覆を狙う勢力であり、尖閣列島に関しては対日強攻策と、元切り上げに関しては対米無視の政策を打たなければ、ネット世論を盛り上げて政権転覆まで持っていこうとしているのかもしれない。今回のニューヨークの対応はそれを読んだ動きだ。

米国とタッグを組むのが本当に良いのか。疑問である。
by ys1042734 | 2010-09-24 04:47 | 国際問題