<< これで日本の核武装が決定した 村上春樹はノーベル賞をとらない... >>

日本の教育はダメにした犯罪者は美濃部亮吉だ

Excite エキサイト : 政治ニュース



日本国憲法と教育基本法を改定することが安倍首相の夢なのだから、憲法改定の前に教育基本法改正
はドンドンやると思う。
世の中、批判もあるみたいだが、教育基本法改正は賛成。60年前の教育基本法はあまりに抽象的すぎていて、何を言っているのは判らない。愛国心・忠誠心への強要が始まるとか、教師が管理されるとか、家庭教育まで教育方針に左右されるとか、反対者は批判するが、今までこういうことがなかったことが不思議なくらいだ。
日本の教育をダメにした犯人は都知事だった美濃部亮吉であり、日本の公立(都立)学校による教育システムを破壊し、私立学校偏重、塾産業の隆起、受験戦争の地獄化をもたらした。美濃部亮吉自身は受験戦争を止めさせようとし、公平・平等な教育を目指したらしいが、受験地獄が過熱したのだから、洞察力がないというか、低脳オヤジと言うか、要するにわかっていない爺さんであった。怖いのはこんなバカ爺さんが都知事を三期勤め、都民に圧倒的に人気があったときもあったのだ。人間の平等を目指して社会主義運動をする頭の悪い学生や党員と同じく、性善説に立ったお人好し思想の人々なのだ。権力闘争、自分だけは幸せになりたい、偉くなりたい、お金が欲しい、美味いものを食べたい、という人間の原初的な欲望を理解していないのだ。
その証拠に1971年に、現職知事としては唯一の北朝鮮訪問をし、その際に金日成と面会を果たしていて、北朝鮮との間にパイプがあったことは事実であるらしい。その会談において、美濃部は、「私は1925年に大学を卒業して以来約40余年間マルクス経済学を勉強してまいりました。それ故に私は社会主義者であり、社会主義の実現を理想とする人間です。金日成元帥がなされたような活動は出来ませんでしたが、日本国内で私のなし得ることはやりました。・・このような立場にたっている私としては、貴国で進められている社会主義建設の早いテンポには非常に尊敬の念を抱いてきました」と発言している。今の北朝鮮の現状、もともとの北朝鮮のやってきたことを考えると、とんでもない洗脳済みオヤジであったことが判る。
美濃部亮吉のおかげで日本の教育は40年も悪化し、北朝鮮のやりたい放題に対して、無感覚、無考察、無抵抗な国民を作り上げた。
a0089830_2551937.jpg
a0089830_2555820.jpg
a0089830_2563746.jpg

by YS1042734 | 2006-10-08 02:39
<< これで日本の核武装が決定した 村上春樹はノーベル賞をとらない... >>